スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生内閣の遺産で犯罪者小沢が苦しんでいる、ざまあみろ!

2012.04.24

K0Ik5.jpg
与野党95人 衆院議長に検察審査会の実態調査を要請

 民主党の小沢一郎元代表に近い東祥三衆院議員らは23日、検察審査会の実態や審査員選定の公正性などを調査するため、衆院法務委員会で「秘密会」を開催するよう横路孝弘衆院議長に要請した。

 要請書には民主、社民、新党きづな、新党大地など与野党の衆院議員95人分の賛同署名が添えられた。東氏によると、横路議長は「関係委員会で判断してもらう」と述べたという。(産経新聞 4月23日)


こいつらは民意というものが全くわかっていない。
この3年弱のこいつらの悪事のおかげで、民意は民主党にNOを突きつけているということが未だにわからないようだ。
嫌われていることぐらい何となくわかりそうなものだが。

そして笑ってしまうのは自分たちが不正ばかりしているから他人も不正をすると考えていることだ。
朝鮮人がよく日本人が不正をすると考えて噴飯ものの言いがかりをつけるのにそっくりである。
やはり民主党議員というのはそういうことなのか?

小沢に近い政治家共は、余程この検察審査会の存在が目障りのようだ。
事ある毎に、嫌がらせをしている。
審査員選定のプロセスがどうであれば小沢にとって不利になるのかわからないが、要はサヨクばかりが選ばれない
といけないと考えているのだろう。

検察審査会の議決に拘束力が生じるように法改正されたのは、麻生内閣時代のこである。
検察審査会で起訴相当2回の議決が出れば強制起訴にできるということだ。
麻生内閣の遺産で小沢とその子分共が苦しめられているのは、とても気分がいい。

早く小沢の刑が確定するといいと思う。
今必死に擁護している奴らはそのときに何というか楽しみだ。




Z5Hoy.jpg


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

反省すれば辞任しなくていいんだって!誰が決めたんだ?

2012.04.23

田中防衛相、前田国交相の続投表明 野田首相「辞任は別問題」

 野田佳彦首相は23日午後のTBS番組収録で、参院で問責決議を受けた田中直紀防衛相、前田武志国土交通相を続投させる考えを重ねて強調した。「(問責を)反省して受け止めなければならないが、辞めなければいけないかというと別問題だと思う」と述べた。

 「1票の格差」是正をめぐる衆院選挙制度改革について、与野党でつくる衆院選挙制度改革協議会座長の樽床伸二民主党幹事長代行が週内に新たな座長私案を示すとの見通しを示した。

 消費税増税関連法案の国会審議に関し「野党から提案があれば真摯に向き合って議論したい」と述べ、消費税増税の際に食料品などの税率を低くする「軽減税率」導入など法案修正には柔軟に対応する考えを表明した。(産経新聞 4月23日)

この豚の発言はいちいち癇に障る。
かつて自民党政権時代に問責が可決されて辞任した大臣は存在する。
だから断じて「辞任は別問題」などではない
むしろ反省しているという証として辞任するという行為が必要なのではないか。

このクソ豚が言っているのは、「反省していれば、辞任しなくていい」という勝手極まりないことだ。
こういう理屈がどこから出てるのだろうか?

特に前田という奴は公職選挙法違反の疑いが濃厚である。
市民団体にも告発されている。
こんな法を守れない人間を大臣に据えて置いておくことが許されていいはずがない。

民主党はこういうケースでいつも適当なことを言っては言い逃れをしている。
不祥事を起こしても問責が可決されても、いい加減な弁明をしておけば、何のお咎めもないとタカを括っているのがよくわかる。
メディアがまともに追及をしないから、それで済んだことにされてしまう。
こんなクズの集まりの政党を懸命に支えているマスゴミの行為は犯罪に等しい。
クズマスゴミなんぞが、閣僚の辞任の決定権を持っていていいはずがないのだ。


やはりこんな奴らを与党においているからいけないということがわかる。
もう限界である。
民主党のという存在をこの世界から駆逐してしまわなければ、ならない。



20110214163350137.jpg
このふざけた豚野郎共々議員辞職しやがれ!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

消費者担当大臣は売国奴でなければなれないポストだ!レンポウは茶のしずく被害者に土下座しろ!

2012.04.21

「できるものなら元の体に戻して…」 茶のしずく被害者、悲痛な訴え

[医療事故・事件]

 「茶のしずく石鹸」(国民生活センター提供)
 パンも麺類もケーキもビールも口にできない-。茶のしずく石鹸で深刻なアレルギーを発症した被害者はいまも不自由で苦しい生活を強いられている。

 「できるものなら元の体に戻してほしい」。茶のしずくが原因でショック症状に陥った弁護士の女性(52)はこう訴える。

 使い始めたのは平成18年の秋ごろ。2年が過ぎたある日、朝のジョギング中に全身がかゆくなり、自宅に戻って突然意識を失った。病院の検査で小麦アレルギーと判明。「一体なぜ…」。原因が分からないまま、徹底的に小麦を避ける生活が始まった。

 しかし、知らないうちに口にしてしまい、昏睡状態に陥った。原因は、服用した漢方薬とソーセージに「つなぎ」として入っていた小麦だった。23年6月、悠香から届いたリコールのはがきで、初めて原因が分かったという。

 千葉県市川市の女性会社員(38)も「ショック症状が出たときは、このまま死ぬのかと思った」と振り返る。18年2月から3年5カ月の間、ほぼ毎日茶のしずくで洗顔した後、重いアレルギーを発症した。

昼休みにパスタなどのイタリア料理を食べ会社に戻ったとたん、目の前が真っ白になった。トイレで吐き、全身が震え、意識が遠のいた。医師からは「搬送が少し遅れていたら危険な状態だった」と言われた。

 会社には毎日弁当を作っていく。家にある調味料などはすべて成分を点検し、小麦が含まれていないものに替えた。残業で遅くなってもコンビニで気軽に夜食を買うこともできなくなった。ふとした瞬間、「なぜこんなことになってしまったのか」と涙が出ることもあったという。

 20日の提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見した都内居住の30代の女性は、自宅を訪ねてきた悠香の担当者が「他の会社も使っている成分だ」「うちは悪くない」と強調し、誠意ある対応は示されなかったと訴えた。

 弁護団の宮城朗弁護士は「実感では、市場で出回る7~8割の食品に小麦が含まれているのではないか。アレルギー被害をPL法の従来の損害賠償基準にあてはめるのは難しいところもあるが、裁判所の理解を得て解決を図りたい」と意欲を示した。

 悠香は「訴訟の提起にかかわらず、今までと同様誠意を持って対応する」とコメントしている。(産経新聞 4月21日)


「悠香」が通信販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」を巡る小麦アレルギー発症問題では、消費者庁が一昨年1月に国民生活センターから寄せられた健康被害報告など、外部からの情報を再三、放置していたことがわかっている

消費者庁によると、国民生活センターから一昨年1月、「茶のしずく石鹸の利用者6人がアレルギーになったと医師から情報提供があった」と電話で連絡が入った。商品名を明らかにしたうえでの報告で、消費者安全法に基づく通知とすべきかどうかを相談するものだった。消費者安全法は国の組織などに対し、重大な事故などの情報を消費者庁に通知するよう求めている。消費者庁は消費者の安全確保のために情報を有効活用し、迅速かつ的確に集約・分析して、結果を公表する義務を負っている。しかし、消費者庁は国民生活センターに通知を出すよう指示しなかったうえ、特に何の対応も取らなかった。

私は、この消費者庁の対応の遅れが被害拡大につながったものと確信している。
消費者庁は2009年9月に発足した。発足から現在に至るまでにこの組織がやったことと言えば、コンニャクゼリーの規制のみである。
怠慢極まる消費者庁に比べて、しっかりと報告している国民生活センターを民主党はかつて潰そうとしていたという事実には、激しい怒りを覚える。

悪質な商品による被害拡大り原因を作った消費者担当大臣は誰だったのか?

20999s.jpg


放置したのは
2010年1月 福島瑞穂(鳩山内閣)
2010年10月15日 岡崎トミ子(菅内閣)
2011年2月 蓮舫(菅内閣)
2011年5月20日 蓮舫(菅内閣)
2011年5月26日 蓮舫(菅内閣)


錚々たる顔ぶれである。
正に売国奴でなければなれない大臣である。

民主党はこういう悪質な企業から金でももらって、見逃してやっているのだろうか?
それとも単に日本人が被害を受けるよう仕向けているのだろうか?

下朝鮮の警察が強姦されている女が通報したのを黙殺していて、結局その女は殺されたけど、それと全然変わらないじゃないか!

民主党政権が続く限り、こういう事例は後を絶たないだろう。
民主党というキチ外の集まりを打倒しなければ、我々日本人の生命は、永久に危ういままだ。



6984b880.jpg

二番どころか、民主党にとって(日本)国民の生活は、最も軽視されているものだ。このバカ女にもその石鹸を使わせて、被害者の方々の苦しみを味わわせてやりたい!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

石原都知事の英断に民主党が見苦しい言い訳、信頼されてないから元々無理だったのに!

2012.04.18

玄葉外相、石原都知事批判に反論「何もやっていないということは全くない」

玄葉光一郎外相
 玄葉光一郎外相は17日の記者会見で、東京都の石原慎太郎知事が米ワシントンでの講演で、都が沖縄県の尖閣諸島を購入する計画を明らかにしたことに関して「(石原氏が)何をどう語ったのか詳細を把握していない」と述べた。その上で「尖閣諸島はわが国固有の領土であり、歴史的にも国際法上も疑いのない事実だ。現にわが国は有効に支配している」と強調した。

 また、石原氏が尖閣諸島問題をめぐる外務省の対応を批判したことには「何もやっていないということは全くない」と反論した。(産経新聞 4月17日)

民主党政権に不安覚え売却決意
2012.4.17 22:58
 尖閣諸島購入構想は昨年9月以降、水面下で石原慎太郎知事と地権者の男性(69)との間で進められてきた。男性は島を誰もが訪れることができる自然公園などとして活用することを希望しているという。両者を仲介した自民党の山東昭子参院議員(69)が明らかにした。

 登記簿などによると、男性は埼玉県在住で、昭和45年から不動産賃貸・管理などの会社を経営している。

 山東議員によると、男性は平成22年9月の中国漁船衝突事件で、民主党政権の対応に不満や不安を覚えたという。男性は「国を守るために所有し続けてきたが、個人で守っていくのは限界がある」とし、青年会議所の活動を通じて30年来の親交があった山東議員に今後の対応を相談した。

 男性は山東議員の紹介で石原知事と面会。昨年9月から数回にわたり3人で会合を持ったという。

 当初は国民運動として募金を集める案もあったが、最終的に都が購入する案が浮上。山東議員によると、男性は石原知事の渡米直前に「石原さんにならば(売却してもよい)」などと最終的な意思を固めたという。現地は豊かな漁場が広がり、手つかずの自然が残る。男性は“自然遺産”としての活用や、前所有者の像の島内建立などを希望しているという。

 山東議員は「今後、具体的な活用方法など売買に向けた取り決めや、沖縄県や石垣市との調整など、細部を詰めていくことになる」と話している。(産経新聞 4月17日)

昨年末に生活環境が激変し、ブログ更新が出来なくなった。
最近、少し環境に慣れ、細々とでもいいから復活したいと考えてきたが、同時に実はどうでもいい拘りに囚われていた。
復帰するときには、それに相応しい記事で復帰したいというものだ。

そんな時に一昨日の報道を目にした。
私は、正にこの記事こそ復帰第一弾に値すると思い、再開を決意した。

久しぶりの記事なので、以前にも増して稚拙な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。

石原都知事の英断に久しぶりに魂が震えた。
日本人としてこの快挙を称えないわけにはいかないと思った。
ワシントンで突如、発表し、売国民主党と支那畜生の度肝を抜いたのは、痛快この上ない。
そしてこの玄葉とか言う恥ずかしい人間の実に恥ずかしい弁明である。
「何もしてないわけじゃない」なら何をしたか言えよ!
言えるはずがない。
そう、こいつらは何もしてないわけではない。
むしろ、支那の為になることを散々してきたのだ。

それは、地権者の男性の言葉が証明している。
男性は平成22年9月の中国漁船衝突事件で、民主党政権の対応に不満や不安を覚えたと言っている。
当然だ。
当時のカン内閣、特に仙谷がやったことは、到底日本の政治家の行為とは思えないものだった。
純粋な日本人であれば、不満や不安を感じて当たり前だ。

私はこの地権者の方も日本を愛する方だったのではないかと思う。
石原さんなら信頼できるから売却を考えたということからも推測できる。
大切な国土をしっかりと守っていってほしいという願いがこめられているのではないだろうか。

民主党はとりあえず適当な言い訳をしたが、こいつらは信頼されていないから購入など、最初から無理だったことがわかる。
政府がこれだけ信頼されないということは、やはり普通に考えて由々しき事実であるのは間違いない。
しかし、その事実を内外に晒したことは大いに意味があったと思う。

情報弱者ももしかしたら、この事実で覚醒するかもしれない。
そして、民主党がどれだけ国際的に恥を晒そうが、我々はこんな朝鮮臭い政党を選んではいないし、国民が、恥ずかしがることではない。

現在私は、都下に引っ込んだが、一応都民ではある。
石原都知事の英断を全力で支持していきたい。

20120418062113e43.jpg
思いっきり、売国政権に吠え面かかせてくれ!これからも日本のために頼む!



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

菅前首相、TV生番組に出演、相変わらず卑怯極まりない人間だ!

2011.12.07

NquHj.jpg
菅前首相、TV生番組に出演「今後は自然エネ普及に尽力」

 菅直人前首相は7日午前のTBS番組に出演し、今後取り組みたい課題として、東京電力福島第1原子力発電所事故を教訓に「自然エネルギーや省エネルギーの普及に最大の力を入れたい」と述べた。首相退陣後、テレビ地上波の生番組に出演するのは初めて。

 菅氏は、政府が緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用しなかった問題について「経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長(当時)から『SPEEDI』という言葉を(事故当初に)聞いたことを思い出せない」と語った。

 その上で「放出された放射性物質はどこにたまりやすいか。早い段階で的確に判断して逃げる範囲を決められなかったのは最終的に私の責任で、申し訳ないと思っている」と陳謝した。(産経新聞 12月7日)



久々にこのバカがメディアに登場したが、こいつは、もうすっかり時効になったとでも勘違いしているようだ。
これは一体誰に謝っているのか?
TBSに?
マスゴミに?
少なくとも、今更こんな軽い謝罪なんて、どう考えても被災地の方々に対してではないのは明らかだ。
「最終的に私の責任で、申し訳ないと思っている」なら今すぐ自決して、侘びろ、償え!

もはや批判を受けない時期と判断してノコノコ出てきて、ふざけた釈明をする卑怯者とっととくたばるべきだ!




人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。