スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同通信の捏造支持率、こんなもの誰が信じるか!

2012.04.30

内閣支持率発足後最低の26%に下落 77%「小沢氏説明を」 共同通信世論調査


 共同通信社が28、29両日実施した全国電話世論調査で、野田内閣の支持率は発足後最低の26・4%まで下落した。消費税増税の前提とされる議員定数削減など「身を削る改革」が足踏みを続けていることや、政府の原発再稼働方針をめぐる安全性への不安が下げ要因になったとみられる。

 無罪判決を受けた小沢一郎元民主党代表に77・1%が国会での説明を要求。野田佳彦首相が続投させている問責2閣僚については、それぞれ60%超が「交代させた方がよい」と答えた。(産経新聞 4月30日)


マスゴミ各社が発表する内閣支持率は全く信用できないが、マスゴミは凝りもせずに水増しした支持率を発表し続けている。
日本国民のことを全く考えず、ひたすら特亜のための政治を行っている内閣を支持する人間が26・4%などと誰が信じるだろうか?

マスゴミは自分たちには、政権を維持するか転覆するかを決定する権限でもあると考えているのではないだろうか?
何という思い上がりだろうか。

また支持率が低下した原因として原発再稼働方針を挙げていることもピントがずれているように思える。
正に左翼丸出しの主張で、民意を理解していない。
国民の多くは、そのような考え方はしないだろう。
他にいくらでも支持率低下させるに十分な売国行為があるのだから。

全く民主党政権の本質に触れず、トンチンカンな主張をして、支持率を捏造しているメディアは万死に値する
国民の大半が信用しなくなり、マスゴミの存在意義がなくなるときが早く訪れるといいと思う。



 
stt12042915340000-n1.jpg
日本人を迫害して、日本という国をぶち壊そうとしている癖に、支持率が二桁もあるなんて図々しくないか?てめえの支持率なんて一桁で十分だ!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

「尖閣諸島購入計画」を批判する新聞へ

2012.04.19

4月19日 都の「尖閣諸島購入計画」を批判する新聞へ

[産経抄]
 東京都の石原慎太郎知事がワシントンで明らかにした「尖閣諸島購入計画」について、案の定、朝日新聞が社説で批判している。「日本人が上陸しただけで反発してくる中国のことだ。問題はいっそうこじれるだろう」。果たしてそうか。

 ▼中国や台湾が、尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、1960年代後半からだ。沖縄県に編入されてから70年以上もたっていた。付近の海底で、石油資源が埋蔵している可能性が高まったからだ。

 ▼一昨年9月、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件は、多くの日本人に尖閣問題の深刻さを教えてくれた。実はそれ以前から、大量の中国漁船が日本の領海をわが物顔で徘徊(はいかい)してきた。今年に入ってからは、漁業監視船の侵入も頻繁になっている。

 ▼エスカレートする中国の挑発行為に対して、いまだ自衛隊の常駐が実現していない。それどころか、日本人の上陸を許さず、無人島のまま放置してきた。自民党政権時代から続いてきた事なかれ主義こそ、問題をこじらせてきた元凶だ。

 ▼所有者には、中国側から数百億円の買収話があったとの報道もある。一刻も早く公有化して、実効統治を強めなければ中国の思うつぼだ。きのう「あらゆる検討をしたい」と語った野田佳彦首相は、石原氏と危機感をどこまで共有しているのか。

 ▼東京新聞は、「都民の税金は暮らしのために使ってほしい」と主張する。ならば猪瀬直樹副知事がいうように、寄付を募ればいい。前の晩に岩手、宮城、福島3県の郷土料理と地酒を堪能した「復興支援酒場」が参考になる。利益をすべて、被災地に寄付するというのだ。「尖閣買い入れ支援酒場」が開店すれば、大入りは間違いない。
(産経新聞 4月19日)

支那の犬、アサヒ新聞は、早速わかり易くどうすれば国益を損なうかを説明するような記事を書いた。
いくつかのブログでその記事を読んだが、石原さんを批判したいだけの中身など全くない駄記事だった。

日本が主権国家として当たり前のことをしようとすると、必ず大声で反対し、邪魔をする。
支那、朝鮮臭いマスゴミは、日本の国益より支那、朝鮮の顔色の方がはるかに大事だということだろう。
こんなものの存在意義はあるだろうか?
こんなもの無くなってしまっても、日本国民は誰も困らないのだが。


そもそも国民のほとんどが支持する政策に言いがかりをつける権利がマスゴミになどあるのだろうか?
尖閣諸島購入計画に賛成するかどうかは、東京都民に託されているのだから、関係のないゴミ共は黙っていろ!

産経の記事は、東京新聞も批判している。

「都民の税金は暮らしのために使ってほしい」

 はっ?

これは、麻生内閣のときの定額給付金を批判していた奴らの物言いによく似ている。
一般人を装った工作員がテレビのインタビューに答えて、「選挙を意識したばら撒きはやめてほしい」
「税金は社会保障とかに使ってほしい」と言っていたものだ。

これ以上の税金の有効活用はないだろう。
こいつらに渡っている官房機密費の方がよっぽど無駄である。


私は紛れもない都民だが、猪瀬副知事が言うように寄付を募るのであれば、諸手を挙げて賛成し、協力する。
そして「尖閣買い入れ支援酒場」が開店すれば、間違いなく足繁く通うだろう。
愛国者が集まる酒場なんて、考えただけで素晴らしいではないか!

マスゴミによるバッシングは予想通りだろう。
こうしたクズのような記事が湧いてくるのは、この政策が支那と反日マスゴミにとって、弱ったものであるという証左と言えるかもしれない。
都議会の賛成を取り付けることができるかに一抹の不安を覚えなくもないが、そのために世論を高めていく
必要があるのは言うまでもない。
拡散していきたいものである。


lcl12041809000002-p1.jpg


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

共同通信のインチキ調査結果でも内閣支持率が5割を切った!実際は1割ない、危険水域だ!

2011.11.07

内閣支持率、50%を割る 共同通信調べ
 
共同通信が5、6両日に実施した全国電話世論調査で、野田佳彦内閣の支持率は前回より7・5ポイント減の47・1%で発足後初めて5割を切った。不支持率は34・3%で6・5ポイント増だった。

 TPP問題では「参加した方がよい」(38・7%)「参加しない方がよい」(36・1%)が拮抗(きっこう)。消費税率引き上げも賛成は50・4%、反対は48・1%と意見が二分した。

 復興増税は「償還期間を長くして増税額を抑えるべきだ」(45・1%)が「増税額が多くても短期間で終えるべきだ」(22・2%)を上回った。

 衆院解散の時期に関しては「任期満了に近い平成25年夏の衆参ダブル選挙」が44・8%、「来年前半までのできるだけ早い時期」は25・4%。民主党支持率は25・1%、自民党支持率は20・5%だった。(産経新聞 11月7日)

各偏向新聞が発表する内閣支持率は、テレビの視聴率と同じインチキが為されているようだ。
必然的に下がっていくことを計算に入れて、最初に高い数字を出しておくという手法である。
フジテレビの反日朝鮮人女優が出ているドラマもギリギリ10%台からのスタートだった。
野豚の支持率も60~70%からスタートしている。
どんどん下降するのが目に見えていたからだ。

それにしても今時こんな数字を信じている人がいるだろうか?


国民に何の説明もないまま海外で勝手に増税の発表をするような野豚を支持する人間(人間ではなくてチョウセンヒトモドキの可能性もあるが)が5割いたなどと誰が信じるだろうか?

そして許せないのは、日本を破壊しかねないTPPの問題でも汚い捏造をしていることだ。
また衆院解散の時期に関しても「任期満了に近い平成25年夏の衆参ダブル選挙」が半数近くという操作をしている。
すなわち、国民の多くは民主党を支持して、TPP推進を支持して、民主党政権が任期満了まで解散しないことを支持している。→だからTPPには参加するべきだという論調である。

こんなモノサヨクが考えたシナリオだってことはすぐわかる。
新聞社の大ウソを暴くために、TPPの是非を問う総選挙をするべきである。
それを阻止するためにこんな汚い捏造をしても逆効果だということを思い知らせてやらなければならない。




mizunodas.jpg
こんな気持ち悪いチョウセン野豚を支持する日本人が5割いたなんて大ウソだ!多分1割もいないはずだ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

マスゴミは原口が「帰れコール」されたことは表記せず、中野先生についても触れず!

2011.11.06

街頭で「断固阻止」訴え TPP慎重派が集会 原口氏「民主ぶっ壊してでも」 

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に反対する有識者らによる「TPPを考える国民会議」(代表世話人・宇沢弘文東大名誉教授)は5日、東京・有楽町で街頭演説会を開き、民主党の山田正彦元農水相ら約25人の国会議員が参加してTPP交渉入りの「断固阻止」を訴えた。

 山田氏は「いよいよ党の意見集約がされる。日本の将来に禍根を残すようなことがあってはならず、交渉参加を阻止しなければならない」と力説した。原口一博元総務相は「民主党政権が強行するならば、民主党をぶっ壊してでも頑張りたい」と気勢を上げた。演説会には自民党の山田俊男参院議員も参加した。

 会場には民主党議員のツイッターなどによる呼びかけで多くの聴衆が集まり、その後、同党の篠原孝前農水副大臣や川内博史衆院議員らを先頭に、永田町の首相官邸や国会の周辺までデモ行進した。(産経新聞 11月6日)

どうやら殊TPPに関しては産経新聞も推進派というスタンスのようだ。
この記事は酷い。

この集会で10分弱話され、ネット上で最も支持された中野剛志先生の名前は全く掲載していない。
一方、一分半くらいしか話さず、「帰れコール」をされた原口の名前を見出しにするとはどういうことか?
しかも「帰れコール」されたことは隠蔽して。


反対派はこういういかがわしい人間を応援しているという印象を植え付けたかったのではないか?
何度も国民を欺いてきた売国奴、原口を反対派の広告塔のように仕立てることによって反対派のイメージ悪化を狙っているということだ。
実際は反対派はこんな奴の存在は認めていないにも関わらず。

こんなことをしてまでもTPPを推進しようとするマスゴミはやはり異常としかいいようがない。

保守系のブロガーでも推進派が何人もいることには驚いてしまう。
政府がマスゴミと結託して、TPP参加の経済効果「GDP2.7兆円増加」などという大ウソを垂れ流していることはスルーしている。
日本はルール作りに参加できず、決められたルールを押しつけられるだけという事実が明確となり、推進派といわれる連中の論理が破綻していることも全く触れていない。

特に私が以前から胡散臭さを感じていたブロガーは、今年の2月頃の記事でTPP推進の記事を書き、アメリカの陰謀説を嘲笑していた。さすがに最近は、推進派の立場がなくなってきて弱り果てたのか、関係ないどうでもいい記事ばかりアップしている。
ちなみにこいつは、東日本大震災直後にカンを擁護する発言をしたとんでもないバカである。
過去の記事を見ていただけば、そのブログの名前もわかるので、興味がある方は検索してほしい。

反対派は、原口のような奴ばかりではない。
昨日の中の先生の演説は非常にわかり易くてすばらしかった。
是非ご覧いただきたい。











RIMG5076_20110607135025s.jpg
669c0190-s.jpg
こういう人間が罵声を浴びせられるのは痛快だ!国民の目は厳しくなっている。舐めないほうがいいよ、おっさん!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

NHKがCSでヤクルトの朝鮮人投手が打たれたシーンは放映せず!朝鮮人放送局であることが確定した!

2011.10.31

セCSは巨人がヤクルト破り1勝1敗のタイにした。
この試合は、2ー1巨人リードでで9回の表を迎えた。

ヤクルトはクローザ-の林昌勇(朝鮮人でイムとか呼ぶらしい)がマウンドに上がり、4点を取られた。

内訳は次の通り。マイニチ新聞の記事を引用。

4番 阿部 ライト前ヒット ノーアウト1塁
5番 途中から出場の橋本 送りバント 1塁走者阿部が2塁へ 1アウト2塁
6番 小笠原 キャッチャーファウルフライ 相川が巨人ダッグアウトに倒れ込みながら好捕 2アウト2塁 
7番 途中出場の鈴木 レフト前ヒット 2アウト1,3塁
8番 古城 ストレートのフォアボール 2アウト満塁
9番 亀井に代打・高橋 打った!右中間真っ二つ。走者一掃のタイムリー2ベースヒット
朝鮮人はKOされ、松井光に交代。
しかし、何故か投手交代の記述が記事から削除されている。実際は4失点のはずだが、4点目も削除されている。
おそらく朝鮮人投手がKOされたという事実を隠蔽したと思われる。

9回裏、ヤクルトが1点返したので最終的なスコアは6ー2となる。
朝鮮人は負け投手にはならなかったが、決勝点を含む4点を取られて、実質的に試合をぶち壊したのは明白な事実だ。
それまで何人かの日本人ピッチャーが8回まで2失点で抑えてきた試合を朝鮮人が出てきた途端、アウトを2つとっただけで4失点もして試合を台無しにした。
それは紛れもない事実である。

しかし、驚くべきことにNHKのスポーツニュースでは、2ー1の時点までしか放送しなかった。
決定的な失点を喫したシーンを放送しなかった。
この売国放送局がどこを向いて放送しているかがよくわかった。
時々見てはいるけど、絶対受信料など払わなくていいと実感した。
何故かといえば私は日本人だからだ。
受信料がほしければ在日朝鮮人からだけ取ればいい。

しかし、実はNHKだけではない。ネットで調べても試合の詳細がわかるようにされている記事はほとんどない。
どのピッチャーが何点失ったということがまるでわからないようにしてあるし、交代されて引っ込められた事実さえ捏造で隠蔽している。

こういう事実に接して、政治はわからない人でも、日本のメディアが朝鮮人擁護していることは気がついてもいいと思う。
この国はすべてにおいて日本人差別が浸透しているということに。朝鮮人は、優先的に生活保護が受けられ、犯罪を起こしても実名では報道されず、異常に礼賛する報道ばかりがされる。スポーツで致命的なプレイをしても一切報道されない。
これを日本人差別といわずして何と言うのか?
スポーツバカでも情報弱者のどっちでもいいが、日本人差別はいたるところにあることくらいは気づいてほしい。
それは日常的にいくらでも目にしているはずなのだから。



20111030-099111-1-N.jpg
朝鮮人が試合をぶち壊した場面である。こいつはおととしのWBCでイチローに試合を決めるタイムリーヒットを打たれている。おい、汚い朝鮮人、いい加減日本人には敵わないことに気がつけよ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。