スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフナー大活躍にザック動揺、ハットトリックに王手で慌てて交代、李忠成は8ー0の試合で1点も取れず!

2011.10.12

今夜のサッカーの代表戦は、久しぶりに汚い朝鮮帰化人が先発しなかったので(後半4分まで)観戦できた。

先日記事にしたハーフナー マイクが先発して、代表戦初出場で初ゴールを決めた。
ハーフナーの出場でチームのムードがよくなったのか、先日のベトナム戦で得点力不足を露呈したのとは、打って変わっての圧勝だった。

先制点はハーフナーのワールドクラスのヘッドだった。
これでチームは勢いづいて、次々に得点した。
前半はポールポゼッションは日本が70%くらいだった。

只、私は何となくこんないい雰囲気を朝鮮傀儡監督のザッケローニが黙っているはずがないと思い、不安になった。
案の定、後半早々にハーフナーの2点目が決まると動いた。
代表初出場でハットトリックという偉業がかかった選手をとっとと引っ込めてしまった。
ハーフナーに活躍されると困ると書いた記事の信憑性を理解していただけるだろうか?
もっともっとハーフナーのワールドクラスのプレイを見たかったのに、フジテレビの朝鮮ごり押しのような嫌がらせのような交代が行われてしまった。

代わって、朝鮮帰化人が当然のようにピッチに入った。
前回の記事でも言ったが、親善試合や今日のように大勝した試合は新戦力を試すべきである。
しかし、手垢のついて朝鮮帰化人を入れたのは、ザッケローニがチョンに試合の大勢が決まってモチベーションを失った相手チームから得点を重ねさせようとしたとしか思えない。

しかし、さすがは朝鮮帰化人である。
後半4分からピッチに入り、日本が7割以上ボールを保持するシュート練習のような試合の中で朝鮮帰化人は1点も取れなかった
ロスタイムを入れればほぼ45分試合に出場し、常に一番前で得点に絡めるポジションにいながら1点も取れないし、アシストもできないという信じられないクオリティーのプレイを見せてくれた。(テレビは消したからリアルタイムでは見ていないけど)

私は薄汚く、キムチ臭いザッケローニの考えは、親善試合にも出場したことのない選手をいきなりワールドカップ予選に出して、自滅するのを期待していただろうと思う。
それが、ハーフナー待望論を封じることになるという考えである。
しかし、全く予想と違う結果になってしまって、あれ以上活躍されるのを怖れて途中で引っ込めたということだ。
これが代表監督がやることだろうか?
汚すぎるんじゃないか!


私が前回のエントリーでハーフナーとチョンを比較したことで何か間違いがあるだろうか?
私が言った通りではないか。
これでもまだ、朝鮮帰化人を押すバカはいるだろうか?
ザッケローニの起用が異常だと思わない奴はいるのだろうか?
これだけはっきりと出た結果を素直に認めるべきではないのか?

私は以前から言っている通り、選手の起用に電通が口出しをしているように思えてならない。
今日の交代劇は、正にフジテレビがやっている「見たくもない朝鮮人をテレビで露出する行為」に他ならない。
今日のハーフナーの活躍は、その反日組織の企みに一石を投じることになったように思える。
インタビューでもとても流暢な日本語で、好感が持てた。
特アのサ行やザ行がまともに発音できない奴らとは全然違う。
本ブログでは、引き続きハーフナーを応援していく。


96958A9C9381969AE3E3E2E0EB8DE3E3E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2-DSXBZO3549902011102011I00002-PB1-4.jpg
マイク、おめでとう、そしてありがとう!日本代表のためにこれからも活躍してくれ!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

朝鮮傀儡監督ザッケローニは異常な在日優遇策を止めろ!サッカー日本代表にも成りすましは不要だ!

2011.10.08

サッカー日本代表は、親善試合でベトナム代表に1‐0で辛勝した。

私は、何度でも言うが、朝鮮帰化人が出場する試合は見ないことにしているから、もう半年以上代表戦を見ていないが、それにしてもFIFAランキング129位という遥か格下のベトナムに対してこのスコアは酷すぎる。
私は、この結果、特に得点が少なかった原因は件の朝鮮帰化人をフル出場させたことにあると思う。

9月の北朝鮮戦のときは、チョンを途中で引っ込めて、ハーフナーを投入して決勝点を取った

■試合後の遠藤のコメント
ハーフナーが入ってからはいい攻撃ができていました。

■試合後の吉田のコメント
後ろはずっと我慢していたマイク(ハーフナー)が入って、向こうも非常に苦労していた。

遠藤も吉田も明らかにチョンよりハーフナーの方がいいと言っている。
北朝鮮相手に一点も取れないフォワードなど要らないと考えるのが普通だろう。

ベトナム戦の前、長友は、ハーフナーを絶賛するコメントをしている。

(以下、スポニチより引用)
「あの高さは世界にもなかなかいない。セリエAにもいないしね。足元(の技術)だってある。凄い能力を秘めた選手」

またハーフナーは海外からも注目されている。
(以下、スポニチより引用)
日本代表FWハーフナー・マイク(24=甲府)の獲得を目指し、国内外でし烈な争奪戦に発展していることが分かった。
複数の関係者によると、国内では古巣・横浜などがリストアップ。海外でも複数の欧州クラブが今月中の視察を計画しているという。
7日のベトナム戦では代表初先発の可能性も浮上しており、代表初得点で真価を発揮する。
今夏はロシアのルビン・カザンから正式オファーを受けたほか、オーストリアやスイス、イングランドの古豪アストンビラなどが獲得に乗り出した。
今月のリーグ戦にはさらにポルトガルやオランダのクラブの強化担当者が視察に訪れる予定だという。

(引用 終わり)

これだけ日本代表の中心選手や国内外から期待され、注目されている選手を全く出場させないのには、何か理由があるのだろうか?
ベトナム戦で得点を取ったりして活躍されたら困る事情でもあるように思えてならない。

ハーフナー マイクは現在16位と低迷する甲府という弱小チームにいながら14得点で得点王ランキングの2位にいる。
一方、朝鮮帰化人は、13得点で3位だが、こいつのチームは6位の強豪チームである。チョンに対する海外からのオファーなど、当然のことだが聞いたこともない。
どちらの選手に価値があるかは明白である。

また何故今、何のプラスにもならないFIFAランキング129位のベトナムとの親善試合が組まれたのかという疑問も湧いてくる。
それは多分、1月のアジアカップ決勝以来、すべての試合で先発出場しておきながら、一点も取っていないチョンの救済のための試合だったと考えられる。
ランキング121位の北朝鮮戦でも得点できないチョンのために更にランキングの下のベトナムを用意したということだ。
朝鮮人がよくやるイカサマと同じ原理だということがわかるだろう。

こうして見るとザッケローニの選手起用が異常であることがわかるだろう。
異常であると同時に民主党の政治と同じ朝鮮への優遇を感じる。
岡田前監督を執拗に叩いていた奴らは、どういわけか今は沈黙している。
朝鮮傀儡監督のザッケローニこそ叩かれるべきであるはずなのに。


今、ザッケローニを支持している人に聞きたい。
世界一日本を嫌っている民族から帰化した選手が常にスタメンに入るようなチームを何故応援できるのか?
しかもその起用の判断理由が不透明であるにもかかわらず?

私はサッカーが大好きだ。
だから、こうした現象にはウンザリするし、激しい憤りを感じる。
エンタメと同様に、スポーツにおいても、朝鮮優遇、朝鮮押し付けは、ファンを失うことになる。
サッカー協会に税金が投入されている以上、「嫌なら見るな」はスポーツにおいても見当違いの考え方であるのは間違いない。
サッカーが好きな人々は、代表戦を単にスポーツとしてのみ見るのではなくて、日本が特アの侵略に晒されている現実の一つであるということに気づいてほしい。


00f77c88.jpg

何度でも言うが“日本チーム代表に帰化チョンの成りすまし日本人はいらない!”起用だけでなく、代表に選出し続ける限り試合は見ない!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

なでしこ監督、大会日程に苦言、勝ったから言える、汚い日本包囲網への抗議だ!

2011.09.12

佐々木監督、大会日程に苦言


 予選全日程を終え、佐々木監督は大会の過密日程見直しを訴えた「W杯後、間がなさすぎる。1日おきの試合が重なるのも考慮してほしい。時期の設定も含め、今回を機に検討してほしい」と切実さがにじんだ。

 試合後は円陣を組み「本当に本当にお疲れさまでした」と選手に感謝したという。「小さな子たちが、過酷な二つのオフィシャルな大会を制した。この経験が大きな収穫。これだけの結果を出したことを褒めてあげたい」と総括した。(産経新聞 9月12日)

私は今大会のムチャクチャな過密日程と、それを当然のように一切批判めいた報道をしないマスゴミを不思議に思っていたのだが、やはり監督は不満だったらしく、その不満を正式に表明してくれた。
産経新聞では大会前から疑問視する記事が出ていた。


中国の魂胆見え見え? なでしこ異常日程 

 「なでしこジャパン」の次なる戦いは、9月1日から中国・済南で行われるロンドン五輪アジア最終予選。8日には、その代表メンバー20人が発表された。といっても新たに入ったのは1人で、W杯の優勝でやっと覚えられた顔と名前が、ほぼそのままというのは“にわかファン”にとってはわかりやすい。

 それはいいとしても、「一体どうしてこうなるのか」と首をひねるのが日程だ。6カ国が出場し、11日間で5試合をこなす超過密日程。前回北京五輪の最終予選は8カ国が2組に分かれ、4カ国で4カ月にわたるホームアンドアウェーのリーグ戦を行い、各組1位が出場権を得た。それに比べると異常でもある。 

しかも、地元中国は5試合すべてナイターなのに日本は3日の韓国戦、11日の中国戦以外は残暑の中、午後3時半開始だ。「日本の初戦は一番弱いタイ。3戦目あたりに一息つく相手にちょうどいいのに、抜け目なくタイを3戦目にしたのは中国。最後に暑さで疲れきった日本をたたこうという魂胆も見え見えだ」と、ある関係者は苦笑いした。

 事故を起こした鉄道車両を埋めるような国だけに、まさになんでもあり
元はといえば、AFC(アジアサッカー連盟)が「女子は金にならない」と軽んじているからかもしれない。残念なことにこの最終予選、実は日本も開催に手を挙げるチャンスもあったそうだ。

 しかし、最終的には1億円以上の経費がかかるため見送られたと聞く。結局、中国にお鉢が回り、その後まさかのW杯初優勝。赤字覚悟で開催したら何十倍もの見返りがあったろう。逃した魚は大きかったが、五輪出場権だけはがっちりつかんできてもらいたい。(産経新聞 8月10日)

確かに開催国が事故車両を埋めるような国だということを考えれば、こういうことも当然起こりうると考えないといけないのだろうが、それにしてもここまで酷いとは思わなかった。
これだけ開催国の恣意的な決定が罷り通るのならば、AFCなど存在の価値がない
日本開催のときに大会日程やジャッジの点で日本が不当に有利になるケースはまずない。
協会とかが、バカ正直なのか、それとも協会内に国賊がいるのか?
私は後者であると確信している。
いづれにしろ、スポーツの世界にも政治力が影響しているという大変嫌な側面を見せられた気がしてならない。

以前になでしこは、どういうわけかワールドカップのときはアジア3位という枠での出場だということを記事にしたが、やはりアジアというのは、公正という概念からは程遠い汚い世界だということを痛感する。
そういう意味では、世界王者として臨んだ今大会で、薄汚い国々による日本包囲網という執拗な嫌がらせを撥ね付けてオリンピック出場を決めたことは凄いことだったと思う。
卑怯者たちに屈することのない強さには感服した。

それにしても、関係者が苦笑いしているというくだりがあったのには、呆れる。
苦笑いなどしている暇があったら、関係者はこういうことに対して毅然と抗議するべきではないのか?
こういうことは監督の仕事ではないだろう。
そのためにチームに帯同しているのではないのか?

過去、様々な世界大会のアジア予選で不自然なジャッジや日程に苦しめられて、日本選手、日本チームが苦杯を舐めさせられてきたのには、こういう協会等の弱腰姿勢が関係している。
スポーツの分野でも日本は弱腰だから、舐められまくっていることは動かしがたい事実だ。
柔道で相手を投げたのに、投げられたことになって一本負けしたり、レスリングでポイントが間違って相手につけられて(審判団は抗議を受けても薄ら笑いを浮かべるだけで、規則になっているビデオチェックもしようとしなかった。卑劣極まりない露骨なイヤガラセである)負けたりなどという現象が、他の国の選手の試合でも起こりうるだろうか?
どんなムチャクチャな判定をされても文句一つ言わないから、審判の恣意的な判定の犠牲になっているのではないのか?
そういうことをもう少し考えるべきときが来たのではないだろうか?



scr11091200080000-p1.jpg


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

復興支援を騙り、朝鮮と与する日本サッカー協会は潰れてしまえ!、

2011.03.29

「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」の日本代表対「Jリーグ TEAM AS ONE」(Jリーグ選抜)の一戦が今日行なわれた。
ある程度予想はしていたが、復興支援の名を騙りながら、とんでもなく薄汚いモノの存在を感じた。


まずJリーグ選抜の10番を朝鮮人が着けていた。
これは日本の復興支援のイベントではないのか?
チーム内には元日本代表選手が何人もいたのに、何故朝鮮人なのか?
そして朝鮮人相手に試合を行うとかなりの確立で日本代表選手が怪我させられているのに、なぜチャリティーマッチまでも朝鮮人が出てくるのか?
ヨーロッパリーグの試合で全員が喪章を着けたのに一人だけ着けなかった朝鮮人選手がいるというのに復興支援のチャリティーマッチに朝鮮人を出場させる神経を疑う。

案の定この朝鮮人は、ヘディングの競り合いで吉田の頭に故意にエルボーを入れるという悪質な反則をしていた
大事に至らなくてよかったが、日本サッカー協会の思う通りにされていたら、いづれまた重篤な怪我人が出るのは間違いない。

そして日本代表にも朝鮮帰化人がいた。
どういうわけかこいつも出場して、あろうことか、チャリティーマッチなのにトゥーリオに喧嘩を売るマネをしている。
チャリティーとか復興支援という意味がわからない奴を出場させてはダメだろう!

日本サッカー協会の中には、とんでもない売国奴がいることは間違いない。
Jリーグ内部にも進んで朝鮮人選手を浮け入れるような輩がいる。

復興支援を口実に日本代表を危険に晒してみたり、復興など露ほども願っていない朝鮮人をメインに据えて復興支援にケチをつけようとする輩は我々の敵である。


この国では、災害のどん底から復興しようとするひたむきな努力も常に朝鮮人に邪魔されたり、嘲笑されないと出来ないという現実を直視するべきだ。
電通にメディアを支配されている我々の手に本当の自由を取り戻すことは出来るだろうか?



人気ブログランキングの新着ブロ画が長期にわたって嫌がらせにより更新されていませんが、記事を更新していないわけではありません。
当方は、こうした嫌がらせに屈するつもりはありません。断固として反日勢力と戦いつつ、定期的に更新は続けていきますので、今後ともご支援をお願いいたします。


t02200159_0539038911006787906.jpg
日本のスポーツ界に薄汚い朝鮮人は要らない。

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


IOC会長が大相撲を侮辱!

2011.03.03

この記事はブロとものみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。