スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で東南アジアの女性誘拐増加、アグネスは完全にスルー!

2011.12.04

東南アジアの女性誘拐増加…中国の農村で売買
 
3日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、中国公安省当局者はこのほど、同紙の取材に対し、ベトナム、ミャンマー、ラオスを中心とした東南アジア各国で女性をだまして誘拐し、中国の農村などで「花嫁」として売買する事件が増えていることを明らかにした。

 当局者は保護された女性の全体的な数は明らかにしなかったが、中国の警察当局が7~9月に国境地帯で実施した集中取り締まりでは、南部の広西チワン族自治区で30件、雲南省で21件の事件を摘発し、ベトナムの女性計74人を保護した。

 女性は20~30代の農村出身者が多く「中国の大都市で金持ちと結婚できる」などとだまされて中国に連れてこられ、1人2万~5万元(約25万~61万円)程度で売買されている。風俗店で違法に働かされる例も多いという。(産経新聞 12月3日)

この産経の記事も何だかはっきりしないものだ。
犯罪者が支那人だということは、どこにも表記がされていない点が不自然に感じる。
支那の警察当局が発表しているのに、犯罪組織の国籍が記されないのでは、再犯の防止につながらないのではないのか?

そして考えるのも嫌なことだが、この女性たちは、売買された後に、風俗で働かされるだけなのだろうか?
臓器を取られたり、殺されたりしているのではないのだろうか?


こういう事実が伝えられても、どこかの“支那人の癖に、日本人であるかのように振る舞い、日本の児童ポルノ規制ばかり批判する偽善者”は何も言わない。
その偽善者にはアグネス・チャンという名前があるらしい。

こういう奴が自分の国のことを批判しない限り、どんな奇麗事を言ってもまともに受けてはいけない。
日本に帰化でもしたと思っている人もいるかもしれないが、こいつは依然として歴とした支那人なのだから。




d43d99d369fda8cbc7a1ab5ce9878315.jpg
他に考えること、オマエに出来ることがあるだろ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

中国では何人死んでも死者は35人の不思議!

2011.09.08

先週テレビ東京で放送された「やりすぎコージー」という番組で面白いことを言っていた。
この番組は都市伝説を紹介しているのだが、ある芸人が紹介したのは支那の事故死者についての話だった。
先ほど面白いことと書いたが、考えようによっては、とても怖ろしいことでもある。

今年7月に起きた中国高速鉄道の追突脱線事故は死者35人と発表された。
事故の直後から事故の死傷者数には強い疑いの目が向けられていた。
特に、「死者35人」との数字には。
被害者という生き証人が「満員だったのに死者数が少なすぎる」と語っていた。
支那のネットユーザーらも、この発表に疑問の声を挙げていた。

「脱線・落下した6つの車両は満員時には600人乗れる。新華社の数字に基づいて計算すると、600-211(負傷者数)ー35(死亡者数)=354人。この354人はどこに消えたのか?」

支那では、ここ最近、ずっと大きな事故の死者が「35人」と発表され続けているというのだ。

 実際に1993年以来、支那ではそのような発表が多数に上るという。

河南省平頂山の炭鉱事故も35人死亡。
重慶市の暴雨による死者も35人。
雲南省の暴雨被害も死者35人。
いくらなんでも不自然である。

これには、36人以上にならない理由があるという。

死者が36人以上になると市共産党委員会の書記長が免職になるからだという。
だから何万人死のうが、死者数が36人以上には絶対ならないという。

高速鉄道事故のときは、そのためにまだ生存者がいる車両を埋めるという信じられない暴挙に出た。
35人を超える死者は都合が悪いから、まだ生きていても、埋めて証拠隠滅してしまおうという意図があったと言われている。


番組を見て、このことについて調べてみた。
そしてこれは都市伝説などではないと確信した。
これは、支那共産党が実際に当然のことのように行なっていることなのだ。
奴らは、一般人民の命などなんとも思っていない。
自分の保身のためには、亡くなった人を闇に葬り去って、当然賠償もしない。

日中友好とか戦略的互恵関係などという寝言を言っている人間は、こういう鬼畜のような奴らと友好関係、互恵関係を築くことが出来ると本気で考えているのだろうか?
自国の人民さえ、人間と思っていないような国が、日本をそして日本人をどうしようとしているかなんて子供でもわかりそうなものだが、そういうアタマがお花畑の奴らにはわからないんだろう。

支那が尖閣で武力行使をして尖閣諸島とその周辺海域の領有権主張を強め、日本側に妥協を迫る可能性があるという報告がアメリカの研究所から為された。
しかし、上島竜平内閣は、何も出来ないというか、領土を守ろうとさえしないように思えてならない。
こいつらがどっちを向いて何をするか監視しなければならない。
もし、明らかに日本の国益に反する行動をした場合、そんな内閣は即、転覆させてやらなければならない。


view0108372.jpg
去年の11月、APEC首脳会議初日の会合でカン(手前)を威圧するコキントウ!これがチベットで成果を揚げた殺人鬼の真の顔だ!



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

避難所でも周囲に迷惑をかける支那人、新潟市民は領事館を拒否!

2011.04.24

中国人避難者殺到で新潟に中国人専用避難所 ゴミ処理に苦労

被災地に近いことから、多くの避難者が身を寄せる新潟市。市は避難者の知らないところで、悩ましい問題を抱えていた。
 
中国政府側から市に在新潟中国総領事館を市有地の旧万代小学校跡地(約1万5000平方メートル)に移転・拡張したいとの申し出があったのは昨年のこと。市は受け入れの方針を示していたが、尖閣事件以降の対中感情悪化などが原因となり、反対運動が起こっていた。さらにこの3月22日、反対する地元住民や市民団体による請願を新潟市議会が賛成多数で採択し、市長が「売却に向けて話を進めることは困難になった」と事実上の断念を表明する事態となった。

 さて、一見、無関係に見える避難者と領事館の問題だが、実は大いに関連があったのである。

「今回の震災で中国人の避難者が新潟に大挙結集したことが、採択に影響した」と打ち明けたのは、山田洋子市議である。

 震災後、新潟には、被災地から約5000人もの中国人が殺到した。中国大使館や在新潟総領事館がホームページで「自国民の救出のために新潟まで送り、飛行機で中国に帰る手助けをする」と表明したことが発端となり、口コミで集まってきたのだという。

 その結果、中国人に締め出された日本人避難者も現われた。福島県いわき市から新潟市体育館に避難した男性もその一人だ。
「3月14日に避難してきて、最初は新潟の産業振興センターにいたのですが、中国人であふれかえってしまった。翌日から中国人専用の避難所に切り替わったので、こちらに移りました。ほかにも2施設が中国人専用となったようです」 

記者は実際に中国人専用の避難所を訪れたが、みな騒ぐ様子もなく、整然と出国を待っていた。だが、市民のなかには別の印象を抱いた人も多かったようだ。前出・山田市議が指摘する。

「避難所で中国人の方々が出した食べ物などのゴミの山を、市の職員が24時間体制で処分していたということを聞いております。空港でも同様に食べ物のゴミが山のようになっていて、空港職員が片づけるのに苦労したそうです。 
公共マナーの面ではやはり文化の違いがある。そういった面で今回の避難所や空港に大挙結集した中国人に対し、異様さを感じた市民は多かったと思います。当然、それを市議たちも感じたのではないでしょうか」

(週刊ポスト2011年4月29日号)


支那人専用避難所とはいいご身分である。
こういう緊急事態でも日本人差別は平時同様に行われている。
しかも、支那人は、避難所にいてもいつも通り、ゴミを放置する生活スタイルは変えずに、周囲にとんでもなく迷惑をかけている。

ここでは、ゴミのことしか書いていないが、マンションの共有部分で排便する支那人はもっととんでもないことをしているだろう。
市の職員や空港職員のご苦労は相当なものだろう。


支那人がいるために周囲が蒙る手間は、日本人の要介護老人と同等かそれ以上ということである。

結果的に、この支那人避難者の行動が、新潟県民に支那人への嫌悪感を強烈に植えつけたということである。
その嫌悪感を忘れずに領事館には反対し続けてほしい。
キチ外市長の悪巧みを潰すための呼びかけは、当ブログでも続けていきたい。


こういう非文明国の人間を大量に受けて入れようとしている民主党の化けの皮も剥がれつつある。
新潟の方々がこれだけ、支那人に対して嫌悪感を示しているのに、民主党は自国民より支那を大事にしているから、受け入れを改めることはない。
日本国民が嫌がることばかり推し進める、この売国奴共を政界から追放させよう。
まずは地方選で追放の足がかりを作り、そして国政選挙で完全にこいつらを排除しよう!



447a0a82-s.jpg
支那人、朝鮮人の前では(とにかく臭いから)こういう防護服か必要になる。お前が着てないで新潟に送れよ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

西田議員の周辺をヘンな奴らがウロウロしている!

2011.03.10


二階堂ドットコム に西田参議院議員が狙われているかもしれないということが書かれていた。

(以下、二階堂ドットコム より引用)

西田参議院議員に警備つけた方がいい  
俺の思い過ごしとか、俺の耳に情報を入れてくる奴がガセいっているという可能性もあるが、情報を。 とある”京都のそれなりの筋”より、

「京都をヘンな奴らがウロウロしている。西田さんは大丈夫か。」 
というのである。本当はもっと具体的に聞いているが裏が取れないので書かない(組の名前も出ている)。これを聞いて私は、

「殺すなら電話とかしないし、目立つようにウロウロしたりしないよね。いきなり殺すよね。それか、みんなが忘れた頃にやる。俺だったら絶対そうやるもん」

ところで京都府警は人を出せるのかね?ま、本人は議員だから刺されてもしょうがないだろう(笑)。でも、家族は別なんだから、議員の自宅に所轄あるいは警備の車両一台くらい置いといた方がいいんじゃないのか?それと、東京は、小沢につけてる無駄なSP外せばいいよ。小沢なんて死んだっていいんだから。 

実はこの話、まだ本人や事務所に言ってないで更新しています。言ったら驚くかもしれないし・・・まだ狙われてるって確たる証拠がないし(人が狙われているという情報の場合、確証が出ることはまれですが)。 
じゃ、なんでそんなこと書くの?と聞かれたら、それは、「予防線」としか言いようがない。もし悪いことを企んでいる奴がいるのなら、この更新を見て諦めてくれると幸いだと思っている。思い過ごしやガセ情報であればよいのだが、警戒するにこしたことはない。(引用 終わり)


西田さんの事務所に抗議電話が殺到したらしいが今度は多分その筋の人間がウロウロしているという情報である。
まったく朝鮮人という奴らは始末が悪い。
自民党は正式に西田さんに警備をつけるべきだろう。

まあ今の時期に西田さんが刺されたりしたら、間違いなく民主党と深いかかわりがある朝鮮人だということが明白だから、今すぐそういうことがあるとは思えないが、用心に越したことはない。

本来ならば、前原や土肥のような売国奴の事務所に抗議が殺到して、命が狙われるべきだろうと思う。
しかし、こういう売国奴は手厚く保護されているのだろう。

この日本という国にはもはや正義は存在しない。
支那、朝鮮に精神的に支配されて異常な国家に成り果ててしまった。
嘆かわしいことだが事実である。



plt1001131233000-p1.jpg
こんなモノに警備つける必要があるのか?それこそ税金の無駄遣いだ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


外国人犯罪は支那、朝鮮がワンツーフィニッシュ!

2011.02.24

来日外国人犯罪は3割減少 国別は中国がトップで4割占める 

警察庁は24日、平成22年の来日外国人犯罪の摘発状況をまとめた。摘発件数は前年比28.8%減の1万9820件、人数は10.5%減の1万1866人で、平成16、17年をピークに減少傾向が続いている。

 罪種別では、窃盗の摘発件数が36.3%減少、10年前と比較すると半数近くの水準になった。盗難自動車や重機の解体拠点になっていた「ヤード」と呼ばれる作業場の一斉捜索・立ち入りなどが奏功した。

 入管法違反も不法滞在者そのものが減少していることを背景に22.5%減少。一方で、世紀滞在者が違法風俗店で働いたりするケースが少なくないという。

 偽装結婚の摘発者は471人で25.6%増加しているほか、日本人配偶者として在留資格を持つ外国人の摘発が目立っており、相当数の偽装結婚が潜在しているとみられる。

 摘発者の国籍別では中国が4659人で全体の39.3%を占めトップ。韓国1399人、フィリピン1128人、ベトナム798人、ブラジル728人と続いている。(産経新聞 2月24日)

外国人犯罪のランキングが発表され、民主党が大好きな支那、南朝鮮がワンツーフィニィッシュを飾ったという報道である。
普通こういう発表には前年比とか何年続けてワースト1位となっているかというデータも出すと思うのだが、特アに対する下らない配慮なのか、肝心なことがぼやかされている。
例えば日本国内の犯罪ならば大阪府が何年連続でひったくり件数がワースト1位だとか報道しているだろう。
あーゆーデータを何故出さないのか?

外国人全体の傾向よりもより悪質、凶悪事件を起こす特アの傾向が大事なのにこれでは奴らの犯罪が増えているのかより凶悪化しているのか全くわからない。


まあ奴らに都合の悪いことを報道しない日本のクズメディアの行動規範を考えれば、ここに掲載していないことは奴らにとって都合の悪いことばかりなのだろう。
すなわち、支那、南チョンの犯罪率は高まり、上位独占は多分もう何十年も続き、そしてより凶悪化しているということだ。

民主党のキチ外政権はこういう奴らに手厚い政策を断行している。
まず日本人ならそういう事実を理解してほしい。


先日東野圭吾の「さまよう刃」という小説を読んだ。
なんとなく足立区が舞台だし、20数年前のコンクリート詰め殺人事件を下敷きにしている印象があったが
あの事件は、この小説で扱っているよりももっと悲惨で怖ろしいものだった。
この事件の犯人は在日朝鮮人である。
当時未成年だったため、大した罪にも問われず今は、普通に生活しているらしい。
被害者が若くして人生を強制的に終わらせられるにもかかわらず、加害者はのうのうとまるでそんな事件を起こしてさえいないかのように気を遣われ、周囲の人間にも知られずに多分幸福な人生が送れる。
それは少年法という異常な加害者重視の法律の賜物である。


私はこの国の異常な加害者重視の司法制度は、日本における凶悪犯罪の多くが特ア人によるものであることと関係があると考えている。

この国の司法制度における被告側には常に特ア人を弁護してきた人間がいた。
そういう人間がそのうち犯罪特ア人に篭絡されて、特アの利益に適った主張をし始めた。
そして日本の司法制度を歪めてきたということではないのか?


その証拠に死刑廃止運動などをしているのは大概サヨクで反日思想の持ち主である。
こいつらは何のためにこういうことをしているか?
自分たちの同胞が日常的に死刑に値するような罪を犯すので、何とか死刑を免れさせたいからである。
特ア人は自分たちの同胞が日本国内で犯した犯罪のすべてにおいて罪を問われなくしようとしているということだ。


近年では支那人犯罪者が拳銃を発射した警官を訴えるというふざけた訴訟さえある。
特ア人の犯罪は犯罪ではないとされてしまう時代が近づいていることに警戒しなければならない。


rd_rs_97edb97e260bf2185f7289e344c9d159.jpg
属国とのワンツーフィニッシュにご満悦らしい。属国よりも上位である点も嬉しいのか?

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。