スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶滅危惧種=チョウセンバカの断末魔!

2011.08.29

韓流大好き女子たちは「フジ韓流押し」&「デモ行進」をどう思っているか

先日フジテレビ前で数千人規模での韓流やめろデモが行われました。このような状況を韓流ドラマやK-POPなど韓流大好き女子たちがどう感じているのか、をアンケート調査しました。

デモやる人たちは騒ぎすぎだと思う。最近方向性も変わってきて、ただの反韓運動にしかみえない。私は韓国ならなんでも好きなわけではなく、好きになった人たちががたまたま韓国だっただけなので、最近大量に日本デビューするK-POPグループにはさっぱり興味がありません。」(30代/映像制作会社勤務)

「Twitterでフジテレビデモに4000人くらい集まったレポートを見たけれど、最終的には、騒ぎたいだけにしか見えなかった。韓国だろうが日本だろうが、人気あるものの露出が多くなるのは、しょうがないと思う。そんなこといったら、絶対AKB の方が、出過ぎだし…」(30代/洋菓子店勤務)

フジテレビは視聴者のニーズに応えてるだけじゃないのかな? そんなに騒がれるならフジテレビも少し放送を控えるなどの対応をとればいいんじゃないのかとも思います。 日本も韓国もやたらお互いの国に対して火花散らしますね。仲良くやっていこうよ、と思います。 」(20代/保険会社勤務)

「K-POPはいいなと思う曲があれば聴くけど特別、韓国だから好きというわけではない。 フジテレビだけがそんなに韓流を推してたこと自体知りませんでした。 洋楽とかは全然批判されないのに、韓国だけ批判されるのは外交の問題でしょうか。なんかいろいろメンドクサイなぁと思った。」 (20代/出版関係勤務)

「ここまで韓国の音楽が浸透したのはまあある程度のニーズもあり、アーティストの努力が十分あったからだと思う。日本は逆にそれを刺激に受け取って負けないようにやればいいのに……悪いところばかり批判するのはちょっと違うかなあと思います。」 (40代/専業主婦)

職場の同僚の反韓流トークが激しくて仕事に集中できませんデモとか不買運動をしている人たちは何を恐れ何がしたいのかハッキリとよくわからないです。韓流好きは関係なく、人としてそう思います。」(20代/OL)

いかがでしたか? 今回調査をしてみて、フジテレビが韓流推しを止めても好きな人はそれに関係なくCD、DVDを買ったり借りたりするということがわかりました。また、上記の意見以外にも今回の騒動について様々な意見があり、それらの意見を取りまとめると、デモや不買運動をしている一部の熱い方たちは、少し焦点がずれているように感じました。…
(Pouch 8月28日)


長期に亘ってブログの更新が出来なかったが、先日のフジテレビ抗議デモには私も参加していた。
それだけに事実を全く曲げたこのトンチンカンな記事は許せないと思い、本当に久しぶりに更新しようという気になった。
私の場合、ブログを続けていくための活力源はやはり激しい怒りなのかもしれない。

それにしてもこの気持ち悪い記事は何なのだろう?
Pouchのコンセプトには、次のようにある。
☆仕事もプライベートも全力でがんばる女性におくる、脱力ライフ提案サイト☆
つまり、情報弱者のバカ女に反日思想を吹き込もうというものと解釈していいだろう。

見事なまでにあっちの国の側に立ったコメントが並んでいるが、果たして今でもこんなことを言うバカがどのくらい存在するのだろうか?
チョウセンクズタレントが帰ったとき、見送りは一人もいなかったことを思うと、もはやこういうチョン好きバカは絶滅危惧種に瀕していると考えるべきではないのだろうか?
それにもかかわらず、そういう希少な意見をさもマジョリティーのように取り上げることは酷い偏向である。

最も許せないのは、こいつらはそもそもデモをしている側の人々の意見を全く聞いていないことだ。デモ側の主張は、はっきりしている。
チョンコロドラマや音楽の押し付けに対して抗議の声を挙げているのだから。

人気のあるものの露出が多くなるのは仕方ないというのも大ウソだ。
朝鮮人が出演すると視聴率がガタ落ちであることも知らないで、偉そうに意見するな。

こいつらは、変革しつつある民意に脅えていることは明らかだ。
そうでなければ、「デモとか不買運動をしている人たちは何を恐れ、何がしたいのかハッキリとよくわからないです」などというわけがない。
反日側というかチョン側こそ、我々に脅えているという証左である。
真実が拡大していくことは、奴らにとっては恐怖でしかないということだ。


今までブログにお出でいただいていた方々には、大変失礼いたしました。
様々な要因で更新が出来ませんでしたが、また今日から細々とでも更新を続けていきたいと考えております。
よろしくお願いいたします。

00f77c88.jpg
汚い朝鮮を必死に美化しているフジの報道を異常と思わないのはバカだけだ。実物はこんなのしかいない。

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

「民主党何とかならんかね?」

2010.12.27

昨日のMー1グランプリで印象的なシーンがあった。
準優勝のスリムクラブのネタでこういうやりとりがあった。

ツッコミ「何とかならんかね?」
ボケ「民主党ですか?」(会場内大爆笑&拍手喝采)
ツッコミ「この状況で民主党のこと考えるの?民主党にもいませんよ」(再び会場内大爆笑&拍手喝采)

このネタでの会場の反応が印象的だった。
民主党批判はあんなお笑いの会場でもポピュラーになっているということがである。
これが現在の民意なのではないか?

民主党政権に不満を持つ人々にとっては、お笑い芸人が笑いのネタにしてくれたことがとても痛快だったのではないか?

この状況に危機を感じたのか、「民主党を愚弄するが如き糞みたいなネタを披露したスリムクラブは自民党工作員だった」などといっているバカがいる。
ネットでも自然発生的にあがってくるスリムクラブへの賞賛に対して組織的な批判が起こっているという感じがした。
エンターテインメントでの政権批判さえ、今後は弾圧されることになるのだろうか?

その民主党批判が影響しているのかはわからないが、会場内で最も湧かせたスリムクラブがなぜか優勝できなかった。
私は間違いなく一番面白いと思ったので残念だった。


只、もし政権批判したら優勝できないのであれば、優勝よりもあの大爆笑を選んだ彼らの勇気を讃えたい。

そして、年末に大変痛快な気分にさせてもらえたことをとても感謝している。


2chでは八百長、民主党批判したコンビを不当落選と騒がれている。
http://read2ch.com/r/news/1293364158/overview/

g09-0232-101215.jpg
この2人が英雄“スリムクラブ” これからもがんばれ!

反日の影に朝鮮人あり

2010.06.13

 平成22年6月12日、和歌山県太地町(たいじちょう)で日本人がイルカを虐殺しているかのように描いた反日映画「ザ・コーヴ」の上映を予定しているとして、『主権回復を目指す会』(西村修平代表)を筆頭とする「行動する社会運動」は神奈川県横浜市内のシネマ館『横浜ニューテアトル』前にて上映中止を求める熾烈な抗議行動を展開した。
 当日の行動では開始前に地元の暴力団員らしき男が自らの縄張り内における行動に牽制を仕掛けてくる一幕もあったが、一行は粛々と抗議活動を敢行。
 TBS放送局が取材に訪れ、上映中止への非難声明を発した知識人・文化人と称する者らが良識ある一国民の抗議行動に鋭い視線を向ける中、日本の食文化を破壊し著しく日本人を貶める捏造映画ザ・コーヴの上映を断固容認しない-とのシュプレヒコールを繁華街に轟かせた。
(新極右評論より抜粋)

動画も見ましたが、左翼朝鮮人らしい奴らが撮影したり、映画を観てから文句を言えなどと抗議していたり、一見「ザ・コーヴ」と関係ないような輩が集まっているように見えました。以前からこの映画とも関係のあるシーシェパード等の行動が反日である理由がよくわからなかったのですが、これで氷解したように思えます。ニュージーランドというおよそ日本と利害が少なそうな国が反日活動をするからには、その背後に何かあるだろうと思っていました。つまりこうした一連の反日行動をリードしていたのは、左翼朝鮮人である可能性が高いのです。
そうでなければなぜここに、栃木県で警察官による支那人凶悪犯への発砲は違法であるとした裁判の原告側弁護人を務めている人権派(つまりキチ外派)弁護士がいるのかわからなくなるのです。朝鮮人は反日のためには、利用できるものは何でも利用するということでしょう。まさに「反日(犯罪もそうですが)の影に朝鮮人あり」です。
この抗議行動の中心人物、西村修平さんの言葉で締めましょう。「ゴミはゴミ箱へ! 反日右翼の鈴木邦男は朝鮮半島へ!」(西村代表)

http://peevee.tv/v?6qo807




人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


漫画「のらくろ」に見る愛国心

2010.05.27

のらくろを知っていますか?昭和6年から連載された漫画で軍隊での様子が描かれたものです。今読んで見ると、随所に隊の中での規律の取れた生活、率先して戦おうとする姿勢、献身的な考え方が見えます。戦前はこういう考え方が一般的だったのではないかと思います。猛犬聯隊は自ら侵略はしません。領土を狙って攻め込んでくる敵を撃退するだけなのです。戦前の日本人も決して侵略戦争を意図してはいなかったというひとつの証左となるものではないでしょうか。(手塚治虫は、ヒューマニズムが途中から愛国心に摩り替わっているという批判をしているが。)今の日本人にはこういう作品から学ぶことがたくさんあると思います。

http://www.dailymotion.com/video/xaamq3_tvyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_shortfilms



気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



ザ・パンチのツッコミを民主にしたい(笑)

2010.05.25

ザ・パンチというお笑いグループをご存知でしょうか?私も特に好きな訳ではないのですが、ツッコミに特徴があります。バカなことを言っているボケ担当にツッコミが次のように言います。:お願い死んで〜、砂漠でラクダに逃げられて〜、等。何を言いたいかわかっていただけたでしょうか?そうです、現政権にこのツッコミをしたくて仕方ないのです。

鳩山(韓国の哨戒艦が北朝鮮の魚雷に爆破されたと断定されて)
「日本として先頭を切って走るべきだ」
ツッコミ「お願い死んで〜」


赤松(被害が急拡大する中、キューバなどで外遊を続けていたくせに逆ギレ)
「具体的に(私の)どこが間違っていたのかを教えてほしい」
ツッコミ「お願いだからママチャリでサファリパーク行って〜」


鳩山内閣の閣僚全員に「お願い死んで〜」
と思う人はクリックをお願いします
人気ブログランキングへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。