スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢被告強制起訴、さあどうなる?

2011.01.31

小沢氏を強制起訴

 民主党の小沢一郎元代表(68)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、検察官役を務める指定弁護士は31日、同法違反(虚偽記載)罪で、小沢元代表を在宅のまま強制起訴した。検審の議決に法的拘束力をもたせた平成21年施行の改正検察審査会法に基づく強制起訴は4例目で、国会議員は初めて。

 政権与党の実力者が国民の判断によって起訴される事態となり、政権への打撃は避けられない。小沢被告に対し政治責任を問う声も再燃しそうだ。

 起訴状によると、小沢被告は、衆院議員の石川知裕被告(37)=同法違反罪で起訴=ら元秘書と共謀。陸山会が16年10月に東京都世田谷区の土地を約3億5千万円で購入したにもかかわらず、同年分の政治資金収支報告書に記載せず、17年分の収支報告書に記載したなどとされる。

 東京地検特捜部は昨年2月、石川被告らを起訴する一方、小沢被告については嫌疑不十分で不起訴とした。その後、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決。特捜部は再び不起訴としたが、審査員全員が交代した第5検審の再審査が行われ、同9月に起訴議決が出された。

 小沢被告はこれまでの特捜部の事情聴取に対し、虚偽記載への関与を否定。公判でも同様に否認するとみられる。東京地裁から選任された指定弁護士3人は今後、引き続き公判を担当し、小沢被告と元秘書との共謀関係を立証していく。(産経新聞 1月31日)

起訴されたから小沢被告になっているのが痛快である。
しかし、刑事事件だから正しくは、被告人というべきである。
小沢に限っては、非国民の被告人である。

それにしても産経以外でもきちんと被告と表記するのだろうか?
そう、腐れメディア共、今後はしっかりと被告と書けよ、!

輿石のクソ爺が検察審査会による強制起訴は無視してよいとかふざけたことを言っていたが、民意を無視していると痛い目に遭うということを教えてやらなければなるまい。

小沢は居座りを表明している。

汚職政治家の疑いがある刑事被告人でありながら歳費をもらい続けるつもりだということだ。
こんなことを許していいわけがない。

カンは離党勧告をできるだろうか?
それとも分裂が怖くて何もできないだろうか?

小沢は政治家の常套手段である入院という手を使うかもしれない。
すでにマスクをして、被害者を装うとしている。
せいぜいみっともない行動をして国民の顰蹙を買ってほしい。

いづれにしても民主党にとっては大打撃である。
高見の見物をさせてもらおうか!

stt11013115150003-p5.jpg



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。