スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に期待される日本、期待を裏切る民主党政権!

2011.05.30

ベトナムが異例の会見で中国非難 探査妨害に危機感
 
ベトナム外務省は29日、南シナ海で同国の探査船が中国の監視船に妨害され、石油・天然ガスの調査関連設備が損傷を受けた問題について緊急記者会見を開き、「ベトナムの排他的経済水域(EEZ)および大陸棚での通常の調査を妨げる行為で、重大な主権侵害だ」と非難した。日曜の会見開催は異例で、強い危機感を示しているといえる。 

両国は南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島、西沙(同パラセル)諸島の領有権を争う。だが今回の現場は両諸島から離れており、グエン・フオン・ガー外務省報道官は「中国は争いのない場所を意図的に領有権係争地にしようとしている」と批判。「過去最も深刻な領海侵犯だ」と語った。

 現場は国営石油会社ペトロベトナムの石油・天然ガス開発鉱区。会見に同席した同社幹部は「外国投資家の心理にも影響があるだろう」と懸念を表明した。(産経新聞 5月30日)

数年前から領有権の争いが絶えない南シナ海は東シナ海の将来の縮図であると言われていた。
しかし、その見解は改めないといけないのではないだろうか?

南シナ海を巡っては、日本よりはるかに国力も軍事力も弱いベトナムやフィリピンが支那に毅然と抗議して国際社会にも訴えているが、東シナ海では、何の抗議もせずむしろ支那に与する態度を取り続ける民主党政権の所為ですでに尖閣は支那の手に落ちているというのが実情である。
どんなに国力があろうと、政権内に支那のスパイばかりいるのではどうしようもない。

本当に民主党を日本政府などと思いたくない。
とてつもなく情けない、朝鮮人による傀儡政権だから宗主国には一切逆らえない。


アジア各国、特にベトナム、フィリピン辺りの国は、日本に多大な期待をしてきたはずである。
アジアで支那に対して対抗できるだけの国力を備えているのは日本だけなのだから当然である。

しかし、民主党政権の成りすまし共は、支那に対して毅然とした態度をとることを期待されながら支那に与することで裏切り行為を図った。

支那にとってアジアでの最大の強敵である日本を屈服させたことで、支那の暴走が激化したことは否めない。
他でもない、日本政府が南シナ海における支那による「過去最も深刻な領海侵犯」の原因を作ったに等しい。


日本の現在の与党は、朝鮮人の成りすまし政党である。
その証拠に、朝鮮にプラスになることばかりやり、長い隷属期間の影響で宗主国の支那に逆らうことが出来ない。

日本のメディアも朝鮮に乗っ取られているから、真実は一切報道していない。
そういうことでもない限り、日清戦争で勝利し、国防上の必要から朝鮮を併合した日本が支那、朝鮮なんぞに土下座外交する理由はない。
こういう事実を世界中に拡散していきたいものである。

asi11052922110007-p1.jpg
支那の海賊行為を非難するベトナムの報道官。毅然とした態度が羨ましい。ベトナムに比べると卑怯で汚い民主党政権はカスみたいなものだ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。