スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致解決する気なかった、そしてこれからも・・・

2011.08.31

拉致解決する気全くなかった 朝鮮学校無償化の審査再開、家族会落胆

 菅直人首相が、唐突に朝鮮学校への高校無償化適用の審査再開を指示したことに対し、反対してきた拉致被害者の家族らは「拉致問題を解決する気がなかった表れだ」と反発と失望を深めている。「北朝鮮に対する下心の表れではないか」。専門家からは去りゆく首相に対し、そんな声も上がった。

 「私たちが訴えていることを分かっていながら、菅首相はそういうことをする方なんだと感じました」 
首相の審査再開指示について横田めぐみさん=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(75)はこう言って落胆した。

 朝鮮学校では、教科書で拉致問題への取り組みを「反朝鮮人騒動」などと教えており、拉致被害者の家族会は、朝鮮学校に無償化を適用すれば、「拉致問題について誤ったメッセージを送ることになる」と教育内容を問わないままの適用に反対してきた。

 首相はこうした家族の懸念に全く答えず、むしろ無視したといえる。 
田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(73)は「新しい首相に判断を委ねればいいことで、辞めるときにやるべきことではない」と批判。「北朝鮮に制裁している中で国費で朝鮮学校を支援することになれば、日本は折れてきたと北朝鮮に受け止められかねない。菅首相は拉致問題を解決する気が全くなかったと思わざるをえない」と憂慮を示した。家族会は29日、審査再開に抗議する声明を出し、拉致問題を理由に手続きを再停止するよう求めた。

 一方、朝鮮学校問題に詳しい李(リ)英(ヨン)和(ファ)関西大教授は「北朝鮮は砲撃事件で韓国が求める謝罪もしておらず、何ら状況が変わったわけではない。菅首相は辞めた後に北朝鮮と交渉しようといった下心があるとしか思えない」と指摘する。

 北朝鮮では、金正日総書記の三男、正恩氏の後継体制づくりを進めており、朝鮮学校でも在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の方針のもと、正恩氏の偶像化教育が進められるとみられている。

 李教授は「審査再開はこの動きにお墨付きを与えることになる。今後の審査では、朝鮮学校の朝鮮総連とのつながりや教育内容といった本質部分に立ち返った議論がなされるべきだ」と話している。

(産経新聞 8月30日)

拉致被害者の方々のことを思うと本当に胸が痛い。
こんなバカを総理に選んだつもりがなくても、このバカに拉致の解決を依頼するしかないという苦しさを背負っているのだから。

多分私がもし、拉致被害家族だったら、こんな奴に会うだけで嫌である。
日本にいる政治に携わっている人間の中で最も拉致の解決を望んでいない人間が、拉致問題の責任者だったのである。
これほど不幸なことがあるか?

誰がこんな状況を生み出したのか?

カンというバカで人間のクズで朝鮮の回し者は、拉致被害者の方々の辛さなど露ほども理解できないだろう。
他にもカンは数多くの犯罪(法律上のものもあれば道徳上のものもある)を犯してきたが、それらは放っておいてこの一事だけでも十分万死に値する。

この国に現実に拉致被害者がいる状況でそれに手を貸したに等しいような人間のクズが大勢巣食っているような政党に投票し、間接的にこんな出来損ない総理大臣を生み出した情報弱者共は自分たちが何をしたのかをしっかりと理解してほしい!
民主党のばら撒き政策に踊らされ、自分さえよければいいという欲で投票した人間共は恥を知るべきだ!




kan13.jpg
そういえばまたバカ交代したんだな。民主党政権が続く限り期待なんて出来ないけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。