スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TPP交渉参加に向けて関係国との協議」?要するに野田は、取り返しのつかない決定をした!

2011.11.12

野田首相、TPP交渉参加の方針表明
野田佳彦首相は11日、首相官邸で記者会見を開き、環太平洋経済連携協定(TPP)について「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入ることにした」と述べ、交渉に参加する方針を表明した。首相は12日から米ホノルルで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で、オバマ米大統領らTPPの関係各国首脳と会談し、交渉参加の方針を伝える考えだ。

 首相は農業や医療などの分野でTPP交渉への参加に反対する声が強いことを念頭に「世界に誇る日本の医療制度、日本の伝統文化、美しい農村、そうしたものは断固として守り抜き、分厚い中間層によって支えられる安定した社会の再構築を実現する決意だ」と強調し、こうした懸念に配慮する姿勢をみせた。

 一方で「貿易立国として活力ある社会を発展させていくためには、アジア太平洋地域の成長力を採り入れていかねばならない」と述べ、TPP交渉に参加する意義を訴えた。そのうえで首相は「関係各国との協議を開始し、さらなる情報収集に努め、十分な国民的な議論を経た上でTPPについての結論を得ていく」と強調した。(朝日新聞 11月11日)

野豚が遂にTPP交渉参加を表明した。
それにしてもこいつの言葉はよくわからない。
「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入ることにした」?
参加に向けての協議とは何のことを言っているのか?
「アメリカさん、交渉に参加したいので事前協議してもらえませんか?」とでも言うのか?

そうではないだろう。
APECの場で参加することをオバマに直接伝えるのだろう。
オバマへの手土産として。
この豚は、自分が取り返しのつかない決定をしたことを誤魔化すためにこういうわけのわからない言葉を使っているのである。
交渉次第では、離脱も出来るし、そもそも交渉参加の事前協議に参加するだけだと国民に思わせたいということだ。
しかし、この豚は、既に取り返しのつかない決定をしてしまった。
史上最低最悪と思われてきたカンたった2ヶ月で、抜き去ってしまった。

それにしてもこいつの言葉には一々腹が立つ。

「世界に誇る日本の医療制度、日本の伝統文化、美しい農村、そうしたものは断固として守り抜き、分厚い中間層によって支えられる安定した社会の再構築を実現する決意だ」?
だったらTPPになんか参加しなければいいだろう?

私はこのクソ豚野郎を絶対許さない。
そしてこういう豚に一任するという暴挙に出た民主党とそういう政党を政権に送り込んだメディアと情報弱者共を!


20110214163350137.jpg
オバマへの手土産が必要なら得意な腹踊りでもすりゃあいいだろ、このブタ野郎!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。