スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の独立を認めない首相

2010.06.17

カンは靖国参拝はしないだろうとは思っていましたが、やはり理由がとんでもない。

A級戦犯が合祀されている問題などから、

首相や閣僚が公式参拝することは問題があると考えている。

首相在任中に参拝するつもりはない。

一国の総理ともあろう者がA級戦犯なんて頭の悪い朝鮮人が言うような言葉を吐くのには怒りを通り越して呆れてしまう。日本には、A級どころか他の戦犯も一人も存在しない。この言葉は、従軍慰安婦や南京虐殺或いは、ツチノコやネッシーと同じで実在しないということを知らない人間が日本の政治家をやっていていいのだろうか、と思います。
サンフランシスコ講和条約が発効し、日本が独立国に復帰します。翌年、戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議が採択され、その結果、戦勝国の一方的な東京裁判によって有罪判決を受けたすべての人々は、日本の国内法では犯罪者と見做さないという基準が明確に打ち出されました。つまりA級戦犯という言葉は、日本が独立国に復帰する以前に使われていた言葉です。カンはこういう言葉を未だに使っているということは、日本はまだ独立していないとでもいいたいのでしょうか?




人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。