スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民は再び騙される

2010.06.21

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が19、20両日に実施した合同世論調査で、菅直人内閣支持率は54・3%で、首相指名直後に実施した前回調査(5、6両日)の期待度57・3%より3ポイントの微減だったが、不支持率29・9%を大きく上回った。次期参院選の比例代表での投票先は、トップが民主党で42・4%(前回34・1%)に達し、自民党の17・5%の倍以上の大差をつけた。

 政党支持率は民主党が34・9%で、前回調査より4・3ポイント上昇。代表が鳩山由紀夫前首相から菅首相に交代したことに伴いV字回復した党勢は衰えていない。自民党15・6%(前回16・5%)、みんなの党6・9%(同7・4%)は下落した。

 参院選は24日公示、7月11日投開票の日程で実施される。比例代表の投票先も40%超の民主党が、自民党をはじめ、みんなの党9・7%や、公明党5・2%、共産党2・3%、たちあがれ日本1・6%など野党勢力に大きく水をあけた。参院選については、有権者の84・4%が「関心がある」と回答。民主党が躍進し、衆参ねじれ現象を起こした平成19年7月の前回参院選前の調査(74・6%)の時よりも有権者の関心は高い。しかも、南アフリカで熱戦を展開しているサッカー・ワールドカップの72・2%を上回った。

 関心の中身は、「景気回復」が36・2%で重視する争点のトップ。「年金や医療など社会保障」17・1%、「ばらまき政策の見直し」14・3%と続いた。菅首相が「消費税率10%」に言及し、波紋を広げた「消費税などの税制改革」は7・6%だった。

 ただ、有権者の78・7%が、選挙戦で各党が消費税率見直しの内容・時期を明確に示すことを「期待している」と回答。各党の取り組み次第で有権者の投票行動に影響を与えそうだ。

 一方、8日に発足した菅内閣の期待する閣僚を聞いたところ、蓮舫行政刷新担当相21・3%、前原誠司国土交通相11・1%が期待を集めた。しかし「期待する閣僚はいない」「分からない」が計41・6%に達していた。
(産経新聞 6月21日)

この世論調査が信頼できるものかわかりませんが、日本国民は再び、嘘つき民主党に騙されようとしています。本当にこれはまずい事態です。
それにしてもなぜ表紙が変わっただけの出鱈目内閣をこれほど評価する人がいるのでしょうか?支持率が上がる要素がどこにあるのか?
予算委員会も開かずに国会を閉幕したことか?消費税率アップの自民党案をマネしようとしたからなのか?あれだけ強行採決をしながら、法案成立率が過去最低だったからか?
景気回復や社会保障に関しても、何もしていないに等しい。関心があるというなら民主政権がどんな政策をとっているか考えて見るべきじゃないのか。
カン直人というのがどういう人間か、安倍さんや藤井厳喜さんがそこら中で訴えていることが実を結んでいないのか。
日本中で反民主の抗議デモが行われている。口蹄疫問題の号外も配布されている。北朝鮮のテロリストの釈放請願書にサインした人間だというのになぜ評価できるのか?
こういう回答をしている人はまた騙されたいのか?




しかし、私は有権者の良識を信じたい。この動画で勇気付けてもらいましょう。
http://www.youtube.com/watch?v=ABuDHP4I17Y


http://www.youtube.com/watch?v=Lb0Vaa-00w8



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。