スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の程知らずのチョン

2010.06.27

政治ブログを標榜しておきながらここのところずっとサッカーネタばかりということに気がつきました。でもサッカーは、その国の国民性がよく出るので、ついつい記事として取り上げたくなってしまうのです。

南朝鮮人がまた酷く見苦しいことを言っています。

 いよいよ現地時間26日(以下現地時間)から始まる2010年W杯決勝トーナメント。同日の第1試合でウルグアイとの第1回戦に臨む韓国代表MF朴智星(パク・チソン)は、同国のグループリーグ突破は「まぐれではない」と語り、8強入りに自信を示した。ロイター通信が報じている。

韓国は日本との共催だった02年大会以来の決勝トーナメント進出。日本も同様にベスト16入りを決めており、自国開催以外の大会でアジアサッカー連盟(46か国が所属)から2カ国が決勝トーナメントに駒を進めるのは史上初の快挙である。

 韓国代表の絶対的な選手としてチームを牽引する朴智星は、「どこまで勝ち進めるか分からないが、僕らは2002年に準決勝まで進んでいるし、それはただ単に開催国だったからではない」とコメント。ベスト4に入れた理由が、地元開催によるアドバンテージだけではなかったことをウルグアイ戦で証明すると述べた。同選手は日本の活躍も称え、両者が決勝トーナメントに進出したことで、アジアのサッカーが大きく進歩していることを示せたと語っている。
(スポーツナビ 6月26日)

僕らは2002年に準決勝まで進んでいるし、それはただ単に開催国だったからではないという言葉に秀逸なコメントがついていました。

その通り。審判が韓国に有利な不可解な判定を連発したからです。

確かに自国開催だけではアドバンテージにならないけど、やたらと相手チームの選手が退場したり、ゴールが無効にされれば南チョンでも勝てるからね。
聞かれてもいないのに、こういうことを言うということは、裏を返せば自分たち自身が2002年の大会に対する後ろめたさを意識している証拠といえるでしょう。
そう、世界中のサッカーを愛する人達はこいつらの薄汚い買収行為と嫌がらせを決して忘れないし、許さない。
こいつは、サッカーを続けていく以上、絶対その十字架を背負わなければならないのです。

ウルグアイ戦で証明すると言ってましたが、確かに証明できたのでしょう。審判買収が明白になったと思う方は、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。