スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親日教組政権

2010.07.04

菅直人首相(民主党代表)と自民党若手エース、小泉進次郎衆院議員が3日、山梨県に乗り込み参院選の街頭演説を行った。山梨選挙区は小沢一郎前幹事長の信頼が厚い民主党の輿石(こしいし)東(あずま)参院議員会長(74)と自民党の宮川典子氏(31)が競っているとされ、両党とも絶対に落とせないと力を入れている。

 菅首相は午前11時半すぎ、甲府市のJR甲府駅前に姿を現し「山梨県の皆さんに支えられた輿石会長の力が今の政権を生み出した。私にとっては人生の師匠で先生だ」と訴えた。

 菅氏はこの後、東京都八王子市内でも演説し「自民党を見てほしい。谷垣(禎一総裁)さんの次に出てくるのは誰か。小泉進次郎君だ。なかなかいい男だが、その間は誰も(人材が)いない」と小泉氏に頼る自民党を当てこすった。

 午後1時すぎに甲府駅前に登場した小泉氏は「今回の山梨県の戦いを注目しているのは山梨県だけではない。全国が見ている」と指摘。輿石氏が「参院のドン」とされることを念頭に「宮川さんが勝てば参院が変わる。民主党も変わらざるをえない」と主張した。(産経新聞 7月3日)

党のCMそのままに小泉進次郎とカンの対決があったようです。
カンは、この甲府での演説で民主党政権が日教組に支えられていることをはっきり明言しています。有権者はこういう部分を聞き逃してはならないと思います。また、山梨の人は日教組を生かすも殺すも自分たちの投票次第だということを肝に銘じてほしいと思います。
それにしても日教組のドン、輿石はまだ引退しないのかと思う。
自民党であれば70歳を超えたら公認しないことになっているのに民主はまさに老害以外の何物でもないこういう奴を公認し続けるんですね。マスコミもたちあがれ日本を老人集団呼ばわりしていたけど民主にはもの凄く甘い。これがおかしいと思わない人はちょっとおかしい。








人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。