スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選関連

2010.07.09

公職選挙法違反を取り締まる
中央選挙管理委員長が民主党員(三重県連顧問)。


伊藤忠治

しかも部落・労組系の極左なんてもう最悪。

中央選管そのものが公選法違反だ。

民主党の公選法違反をスルーするのも当然だ。この事実を拡散しましょう。
どう考えてもアンフェアだ。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%BF%A0%E6%B2%BB


次は投票所におけるインチキに注意しなければならない。

まだこんな職員います…「比例は政党名」誤説明


参院選の期日前投票が行われている群馬県高崎市箕郷支所で先月25日、女性職員が比例選の投票用紙を有権者に渡す際、誤って「政党名を記入してください」と説明していたことが5日、分かった。

 参院選の比例選は、「候補者名」か「政党名」のいずれかで投票できる「非拘束名簿方式」。茨城県でも同様のミスが起きており、県選管は4日付で県内の各市町村選管に対し、投票方法を有権者に正確に説明するよう一斉通知していた。

 ミスが起きた6月25日は、期日前投票の初日。高崎市選管によると、女性職員は、政党名のみで投票する衆院選の比例選と勘違いしたという。投票直後、市選管にミスを指摘する電話があり、市内7か所の投票所の責任者に対し、指導を徹底するよう連絡。その後は同様のミスはないという。

 また、県選管によると、同日は、ある政党陣営から「支持者が安中市の投票所に行ったら『政党名で投票してください』と言われた」という指摘も県選管に寄せられた。安中市選管は、市内2か所の投票所に詰めている職員らに問い合わせたが、ミスをした事実は確認できなかったという。

 県選管は、5日に読売新聞から指摘を受けるまで、高崎市のミスを把握しておらず、「4日の一斉通知とは別に、改めて投票方法のルールの周知を徹底したい」としている。

(7月6日 読売新聞)


これってワザと言っているのではないでしょうか?
職員が知らないというのはおかしい。

個人名を書いた票はもしその候補者が当選できなくても、その人が立候補した政党の得票になります。投票した方にとって政党名では1票分の値打ちしかありませんが、個人名では2票分の値打ちがあることになります。
ぜひ個人名での投票をしましょう。



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。