スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主はお望みどおり二番に

2010.07.13

レンホウをとても的確に批判している記事があったので転載します。
最近気に入っている『たむたむの自民党VS民主党』さんからの転載です。

(引用ここから)
民主党は、蓮舫が「一番じゃなきゃダメですか?」と言っていたが、今回の参院選結果はその通り、二番になった。
 一方、自民党は一番を目指し、一番になった。
 
 人間、最初から自分に妥協していたらそうなってしまう。高い目標を掲げてこそ、自ら努力し、向上するものだ。
 
 今回の選挙では、一番を目指す自民党と「一番でなくてもいい」という民主党の戦いは、最初から勝負が付いていたのかもしれない。

 日本は資源がない。有るのは人間力だ。それは教育ということになる。国家的には科学技術力が大事となる。
 事業仕分けでは、あの「はやぶさ」に続く「はやぶさ2」プロジェクトが17億円の予算が3000万円にカットされていた。その後、世論の沸騰で、民主党は修正した。
 民主党は事業仕分けで、大幅な予算を捻出するといったが、結果はたいしたことがない。連日、マスコミ・テレビがPRするだけで、国民もそのいい加減な実態に気づき始めている。予算の削減、無駄を省くことができないからこそ、民主党はマニフュストで約束した高速道路無料化、ガソリン税の暫定税率廃止ができず、最大の目玉政策である子ども手当て2万6千円支給も断念した。
 その結果が、消費税増税というのだから、国民は民主党を見放した。

 参院選の結果は、民主党の敗北、自民党の勝利によって、「ねじれ国会」となった。
 これは、民主党の横暴がチェックされて良いことだ。
 先の国会は、菅政権が誕生しても衆院では予算委員会も開かれず、参院では、江田議長が首相の問責決議案の採決も見送って国会を閉じた。これに対して、自民党はもとより、みんなの党の渡辺代表は「前代未聞の国会運営をした江田議長には代わってもらわなければならない」と批判しているが、当然だ。

 今後、参院が与党・過半数割れで、野党の意見を取り入れた国会運営が行われる。
これを国民が求めたということだ。
 ところが、今朝のテレビ朝日の「やじうまプラス」の民主党の御用コメンテーターのデーブ・スペクターは、「国民がおかしい」と有権者をばかにした発言をした。
 「おかしいの」は、「あんたの頭だろう」と言いたい。

 民意が今回の選挙で、民主党が「一番じゃなきゃダメですか?」というから、自民党を一番に選んだのだ。


 人間、自分で駄目と思ったら、努力もしなく、勉強もしなくなる。結果、本当に駄目になる。
 希望は自らでつくるもの、目標は自らでつくるもの。今の日本は希望のない社会だという無責任な学者・文化人に騙されてはいけない。


 僕らは日本人だ!もっと自信を持とうではないか。
 先輩が素晴らしい日本国を築いた。

 これをもっと良い国にして、子どもたち・孫たちに引き継ごう。(引用  終)


まさに正論です。
残念なのはこいつがトップ当選したことです。
2番でよかったですねって言いたかったなあ。
それにしてもかなり汚い公職選挙法違反をしていたとはいえこんなバカオンナに投票する人間が170万人もいるのは信じられない現象です。仕分けで口蹄疫被害が拡大したこと、ハヤブサ2の開発を妨げたことを知っているんでしょうか?
まだまだ楽観できないみたいですね。


illust.jpg





24.jpg




人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。