スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽過ぎる死刑廃止論

2010.07.30

クソ婆あ千葉景子がついに死刑執行の書類にサインしたようですね。

クソ婆あは、落選するまで法務大臣としての職務を放棄していた。

その法務大臣が、約10ヶ月間、死刑執行という職務をを放棄しておきながら、今頃、つまり落選後の9月の党代表選までの任期切れ間際で、滑り込みのように死刑を執行したことに驚かない国民は少ないだろう。

しかも死刑執行の現場に立ち会ったというから、驚きも倍加する 。


それにしても立場でコロコロ変わるなんて軽過ぎる信念といわざるを得ない。

そもそもこいつの信念というのは、死刑執行を単純に反対しているのではなくて、反日支那人、朝鮮人、サヨクの死刑に反対なんじゃないだろうか?
普通の日本人の死刑は喜んでどんどん執行するつもりなんじゃないのか?
執行した二人は婆あが自分で選んだらしいから。



面会人「今回の千葉法相は死刑執行のサインをしないらしい」
死刑囚「そうなんすか」

面会人「・・・千葉法相が選挙で落選したぞ!」
死刑囚「マジっすか!」
面会人「でも法相は続けるらしい」
死刑囚「ええっ?」
面会人「でも死刑執行はしないっぽい」
死刑囚「ふむふも」

面会人「なんか千葉法相が100人以上殺した元死刑囚テロリストの入国を許可したぞ」
死刑囚「俺より凶悪な奴っすね そいつ」
面会人「しかもその元死刑囚 ヘリ遊覧した後、おみやげ貰って帰ったらしい」
死刑囚「千葉法相っていい奴っすね!しばらくは執行は無さそうですね」

看守「出ろ!」
死刑囚「何すか、釈放ですか?ヘリ遊覧ですか?おみやげはいいっすよ」
看守「いや 死刑執行だ」
死刑囚「えっ?そんな!千葉法相は何と?」
看守「お前の死刑執行が見たいらしく、今いらっしゃってる」
死刑囚「千葉法相は死刑反対なんじゃ・・・」
看守「その件はお前を執行した後で議論するらしい」
死刑囚「えええええええええええええええええええええええ!!!!!」
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。