スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人種差別考

2010.05.19

Jリーグの仙台―浦和戦(15日、宮城)の終了後、浦和の一部サポーターが仙台の選手バスが通り過ぎる際、外国籍選手に向かって人種差別発言を行ったという記事が取り上げられています。もしや、と思いました。そう、べカルタ仙台には何人か韓国籍の選手がいるのです。不自然なのは、一切が曖昧にしか書かれていないのに何故か「人種差別発言」があったことは確実であるような論調です。やれやれという感じです。スポーツの世界までいい加減な差別という概念を持ち込むのか。仮に韓国籍選手に対として何と言ったら人種差別になると言うのでしょうか?「朝鮮人」「チョン」?それは人種を正しく識別する言葉であってどこが差別なのか?或いは「三国人」?それだって敗戦国なのに敗戦国ではないという自らの(実にずうずうしい)立場を主張した朝鮮人を仕方なくGHQがそう呼んだだけです。差別でもなんでもない。覚醒した日本人はもはやこうした思考停止ワードに騙されることはあってはならないのです。浦和レッズ側に毅然とした態度を期待します。


http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20100518-OHT1T00230.htm


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。