スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブタに餌をやらないで下さい。

2010.08.01

 埼玉県八潮市のパチンコ店で30日夜、来店していた会社員、新井政弘さん(37)=同市南川崎=が男に刃物で切られて死亡した事件で、男が新井さんの妻のバッグを奪おうとしていたことが31日、県警への取材で分かった。新井さんは男を制止しようとして、刃物で切られた。県警は強盗殺人事件として草加署に捜査本部を設置し、逃げた男の行方を追っている。

 捜査本部の調べによると、30日午後10時半ごろ、パチンコをしていた新井さんを隣の席から見ていた妻(38)に男が近づき、刃物を突きつけて「カバンをよこせ」と脅した上、肩にかけていたバッグを奪おうとした。止めに入った新井さんは男ともみ合いになり、首付近を切りつけられた。男はその後、何もとらずに逃走した。

 男は20~40代で身長170~180センチの中肉中背で、スキンヘッドだった。胸に大きなプリントのある黒っぽい半袖シャツを着て、黒っぽいズボンをはき、サングラスをかけていた。包丁かナイフのような刃物を持っていた。

 捜査本部によると、事件当時は閉店間際の時間帯だったといい、数十人以上の客がいた。現場はつくばエクスプレス八潮駅から西に約1・7キロで、住宅や工場などが立ち並ぶ。同店の店員が110番通報した。
(産経新聞 7月31日)

最近、パチンコ屋でのこういう事件を耳にすることが多いように思うのですが、パチンコ屋通いに勤しんでいる人達には、危険な場所という認識はないのでしょうか?
賭博をしている人間は、通常の人よりも金銭に対する執着が強いでしょう。当然そういう人間が多く集まっている場所での犯罪発生率は高いと思われる。パチンコ屋の入り口で危険物の持ち込みの検査をしているわけでもない包丁やナイフを隠し持って、金銭欲に狂い、負け続ければイライラが募っているかもしれない人間が隣の席に座っているかもしれない。そんな人間たちが集まっている場所を危険と呼ばずして何を危険と呼ぶのか?
実際はもっと殺人事件は多く発生しているかもしれない。反日マスコミがわざわざ都合の悪いことを書くとは思えないのだから。

日本には公営以外のギャンブルはいらない。というか、失くさなければならない。
そのために最も有効なのは、やる人間がいなくなることでしょう。いい加減、こんなものに時間とカネを費やすことは止めるべきです。
そう、パチンコやっているおめでたい奴に告ぐ。
北チョンの醜いブタを太らせる資金の提供を今すぐ止めろ

0019b91ecaeb0a5a8cbb05.jpg
↑言うまでもないことだが、醜いブタというのはこいつ



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。