スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでたい長官

2010.08.06

警察庁の安藤隆春長官は5日、記者会見で、大阪市西区の2児死亡事件など、相次ぐ児童虐待事件について「被害児童の命を救うため、警察としても早い段階で通報をしていただかなければならない」と述べ、児童相談所などに対し、虐待に関する情報を積極的に警察に提供するように求めた。
 大阪市の2児死亡では、児童相談所が3度の通報を受けながら、強制立ち入り調査などをせず、最悪の結果となった。
 安藤長官は、2児が生命にかかわる深刻な状況だったと把握できなかったことについて「しっかりとした検証をすることが望ましい」と指摘。警察と児童相談所が共同で検証し、再発防止策などを検討する必要があるとの認識を示した。(時事ドットコム 8月5日)

警察庁長官てバカ?という記事です。
警察官の強制立ち入り権は2004年に改正された「児童虐待防止法」には含まれていない。
警察が立ち入りできないのに児童相談所なんかが立ち入ったからといって虐待死の抑止になると思っているのだろうか?なぜこういう痛ましい事件がおきたのかが全くわかっていない。

この長官は大相撲の野球賭博に関しても「大相撲のあらゆる局面で、暴力団との関係遮断がなされることが重要。根本的な暴力団対策が講じられることを期待したい」と取ってつけたようなことを言ってお茶を濁している。
正当な警察権力にストップをかけた民主党に文句のひとつも言えないのか?

こういう長官だから日本の警察の検挙率が低下するわけだ。

K10031853411_1008051521_1008051524_01.jpg
おめでたくて結構ですな
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。