スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治的御用聞き

2010.08.11

7月21日、複数の民主党有力議員が韓国・ソウルを訪れた。彼らは旧知の青瓦台(大統領府)幹部らとの会談でこう尋ねた。

 「どのような首相談話を希望されるのか」
 韓国サイドは「日本のやりやすいものを行動でみせていただければ、高く評価できる」と応じたという。

 仙谷由人官房長官が、日韓併合100年にあたり首相談話を検討していることを明らかにしたのは7月16日の記者会見だった。

 突然の表明に慌てた事務方は仙谷氏に「村山談話を超えるものは無理だ。補償問題に踏み込めば、中国やフィリピンなどアジアが沸騰する」と再三説明した。平成7年に終戦50年に際して村山富市首相(当時)が発表した首相談話はアジア全般を対象とした。新談話ではどう新味を付けるのか。通常ならば事務レベルが両国の相場観を探るが、政治主導にこだわる民主党政権でそれはなかった。

 結局、これが、先述の政治家が相手国中枢部に直接尋ねるという外交の常識外の珍事につながった。いきさつを聞いた政界筋は「民主党は外交も国対の感覚なんだな…」とあきれた。(産経新聞  8月10日)

韓国の新聞とかが談話の内容に関して不満を表明した理由がこれでわかった。
だって事前に「どんな談話がいいですか?」とご希望を賜っておきながらその通りの談話を発表しなければ不満になるだろうから。
ここに国益とか国防とかの概念などあるはずがない。
民主党がやっていることは政治とは到底言えない。単なる御用聞きに過ぎない。
だから当然、歳費を払う必要はない。


kansleep5.jpg
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。