スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ含有率調査?

2010.08.13

時事通信社が6~9日に実施した8月の世論調査によると、菅内閣の支持率は前月比4.2ポイント増の36.0%で、急落した参院選大敗直後からやや持ち直した。ただ、不支持は同3.0ポイント減の42.2%と、2カ月連続で支持を上回った。菅直人首相の続投支持は40.8%、不支持は27.0%だった。
 9月の民主党代表選で再選を目指す首相は、参院選後最初の与野党論戦の場となった先の臨時国会を経て、短期間で支持率の低下に歯止めを掛けた形。代表選をにらんだ党内の動きに影響を与えそうだ。
 調査は全国の成年男女2000人を対象に個別面接方式で実施。回収率は67.9%。
 内閣支持の理由は「ほかに適当な人がいない」がトップで16.5%。以下、「首相を信頼する」7.7%、「誰でも同じ」7.6%と続いた。不支持の理由は、多い順に「期待が持てない」23.7%、「リーダーシップがない」17.4%、「政策が駄目」12.9%。
 首相の続投を支持する理由(複数回答)は、「短期間で政権が代わるのは国益上よくない」が最多で56.9%。このほか「首相の政治手腕・能力評価にはまだ時間がかかる」が43.9%、「ほかに首相にふさわしい人材がいない」が20.2%。
 望ましい政権の枠組みは、「民主党中心の連立」25.5%が最も多く、「政界再編を経た後の既存の枠組みによらない政権」16.4%が続いた。これに対し、自民党の政権復帰を前提とする「自民党中心の連立」は13.4%、「民主、自民の大連立」は11.6%だった。 
 政党支持率は、民主党が前月比2.0ポイント増の20.0%、自民党は同1.9ポイント減の14.3%で、両党の差が開いた。みんなの党は同0.2ポイント減の4.9%で、2カ月連続で3位。公明党は同0.4ポイント減の3.5%。「支持政党なし」は同1.3ポイント増の53.5%だった。(時事ドットコム 8月13日)

毎度馬鹿馬鹿しいお笑いを、ではなくて世論調査の結果をご覧下さい。
まずあれだけ物議を醸している談話発表直前に調査を実施していることがあざとい。
そして、支持率が上がる理由もないのにあがっていることに大きな不信を抱かざるを得ない。
この間にカンが何かしたか?

カンを支持する理由というのがまたふるってる。
短期間で政権が代わるのは国益上よくない
ふざけるな!
カンが政権の座についていることが一番国益を損なっていることもわからないのか?
こんな左翼マスゴミが捏造した調査結果に騙されてはいけない。
本当の支持率は、10%もあればいい方じゃないのか?
10人に一人ぐらいバカがいてもおかしくないから

20100813ax04b.jpg
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。