スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人補償しないと明言

2010.08.23

福山哲郎官房副長官は22日のNHK番組で、植民地支配に「反省とおわび」を表明した
日韓併合100年の菅直人首相談話に関連し、1910年の日韓併合条約について
締結当時は国際法上有効だったと認めてきた政府見解は変わらないとの見解を重ねて示した。

同時に「個人補償や求償権の問題は首相談話の中で認めるつもりは一切ない」と表明。
(産経新聞 8月22日)

朝鮮人に乗っ取られたNHKの番組でこれだけ明言したことは評価していいんじゃないだろうか?
本来であれば首相か官房長官が言うべきことだが、あのバカ共には無理だから代わりに官房副長官が言ったということだろう。
民主党にもまともな議員がいたのは驚きだ。

ただ若手がまともなことを言っても影響力がより強い閣僚が土下座し続ける限り日本の将来は暗いんだろうな。




lCmGu.jpg
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。