スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪者が自分を無罪放免

2010.09.04

M8J5v.jpg
 民主党の小沢一郎前幹事長は3日午前の民放番組で、自らの資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件を扱っている検察審査会について、「一般の素人の人が、それをいいとか悪いとかいう今の仕組みが果たしていいのかどうかという議論は出てくる」と述べ、制度見直しもあり得るとの考えを示した。

 小沢氏は、検察審査会が強制起訴を議決すれば、「堂々と受けて自分の潔白を主張したい」と強調。さらに、「強制力を持った捜査当局が捜査して何もなかった」と無実を主張した。

 小沢氏の資金管理団体を舞台にした事件は、東京第5検察審査会が4月、「起訴相当」と議決。10月にも2度目の議決をする可能性があり、再び起訴すべきだと議決すれば、通常は強制起訴される。(産経新聞 9月4日)

総理候補の犯罪者が「ど素人の分際がなんで俺の善悪を判断してんだよ 検察審査会いらねーだろ」と言っている。犯罪者が自分の罪を問う制度を廃止するというのはどう考えてもおかしい。


この人間のクズは、以前検察が調査→国策捜査がどうたらこうたら言っていたが、今度は検察審査会が調査→素人がどうたらこうたらと言っている。要するに自分を罰しようとするものすべてを批判しているだけだ
明石花火大会歩道事故や福知山線事故の被害家族の前で同じ事を言えるのだろうか
それともこの事件だけは、自分だけは別だって言うのかな?(満点大笑いです。)
こいつを総理にしてこのとんでもない不正を大問題にした方がいいだろう。
これは情報弱者でもわかるだろう。犯罪者が自分を罰する制度を廃止しようとしているのだから。

Oif3g.jpg


<にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ
人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



/span>
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。