スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョンのチョンによるチョンのための代表選

2010.09.09

自民党の谷垣禎一総裁は8日夜、都内のホテルで開かれた町村信孝元官房長官のパーティーであいさつし、民主党代表選について「菅直人首相と小沢一郎前幹事長のどちらが勝っても本当に安定するのか、景気が明るくなるのか疑問が残る」と述べ、両氏の政権担当能力への疑問を呈した。また、首相の経済政策を「アンチビジネスで、これでは雇用が増えない」、小沢氏の立候補には「3カ月前に責任を取って辞めたばかりの人が出てくるのは腑に落ちない」とそれぞれ批判した。

 安倍晋三元首相は、民主党代表選について「ひどい党首選だ。互いに『あなたは党首選に出る資格がない』と言い合っている」と述べた上で「首相、小沢氏ともに言っていることは正しい。2人とも資格はない」とこき下ろした。

 さらに町村氏が出馬予定の衆院北海道5区補欠選挙(10月24日投開票)に向け「いんちきなマニフェスト(政権公約)で盗み取られた議席を取り返す」と、同氏への支持を訴えた。
(産経新聞 9月9日)

谷垣のコメントは相変わらずインパクトがないが安倍さんは流石だと思う。
その通り、カンも汚沢も総理になる資格などないというのが結論だ。
二人とも朝鮮帰化人と噂されている。言動を見る限り間違いないだろう。
朝鮮人の候補を朝鮮人が投票して決まるのが日本の総理
これを異常と言わずして何を言うのか?


eEXUx.jpg
関係あると思うのだがimg66baa466zik2zj.jpg
この人は朝鮮人ではありません。(念のため)


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ
人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。