スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変なシャツが正論!

2010.09.26

 鳩山由紀夫前首相は25日、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖で中国漁船衝突事件に対する政府対応について「私だったら事件直後に、この問題をどうすべきか中国の温家宝首相と腹を割って話し合えた」と述べ、政府の対応を批判した。視察先の京都市内で記者団に語った。

 この中で鳩山氏は、自身が首相だったときに温首相との間にホットライン(直通電話)を構築していたことを明かし、「ホットラインは菅(直人)首相にも引き継がれている」と述べて、事件後、菅首相が温首相と直接対話を怠ったのではないかとの見方を示唆した。

 中国側の賠償要求には「日本側の主張が正しければ賠償要求などどいう話は論外」と批判。ただ「事実関係で見えていないところがある。国民や中国側にしっかりと伝える責務が(日本政府に)ある」と、政府の説明不足を指摘した。

 那覇地検保釈決定についても「国民の中に釈然としないものが残っている。(政府から)何らかの働きかけがあったのかも含めて、事実は事実として真相を国民に知らせる責務がある」と述べた。(産経新聞 9月25日)

変なシャツを着ていたオッサンが今は評論家気取りだが言っていることは正しい。
カン(今後はスッカラ菅と呼ぶことにする)が首相としての義務を果たさなかったと同じ党の議員が事実上認めているわけである。
また、このオッサンは政治的圧力があったことも暗に仄めかしていることには重きを置くべきだ。

(日本)国民は真相を知る権利を有している。そして政府は変なシャツが言うまでもなく、知らせる責務がある。仙谷の証人喚問をして、すべてを明らかにするべきだ。

スッカラ菅内閣にそれができるだろうか?
しかし、それをしない限り国民は政府を許してはならない。
iZAFo.jpg
謎の変なシャツのオッサン!
お前は誰だ?

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ
人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。