スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんがやってくれた!

2010.09.29

訪日中のグレグソン米国防次官補は28日、尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で「日本政府の立場を全面的に支持する」と言明、同諸島について「1972年の沖縄返還の際、沖縄県とともに日本に返還したのが事実だ」と強調した。

 米政府は領有権紛争一般について「一方に肩入れする立場をとらない」との原則を掲げているが、同次官補の発言は、尖閣諸島の領有権を主張する中国に対し、一歩踏み込んだものとして注目される。

 同次官補は都内で行われた一部メディアとの懇談で「われわれは日本政府のとった立場と行動を全面的に支持している」と述べ、「中国の強引な海洋活動の拡大は地域の多くの諸国の懸念を高めている」と最近の中国の行動を批判した。

 その上で「日本政府は事件に適切に対処し、行動した。これ以上の行動は必要ない」と語り、尖閣諸島については「72年に沖縄県とともに日本に返還した」と繰り返し強調した。

 同次官補は米軍と自衛隊の基地共同使用問題などで日本政府と協議のために来日した。(産経新聞 9月28日)

日本の腰抜け政権にはできないことをアメリカがやってくれた。

日本はやはりアメリカ無しではやっていけないということを証明した出来事ではないだろうか?
民主政権は一貫して支那を立てて、アメリカを貶めて怒りを買うようなことを続けているが、それがどれほど馬鹿げたことかわからないのだろうか?
私がよく言っていることだが、敵と味方くらいわかるだろうということだ。
紛れもなく日本の領海を侵している支那は敵であり、同盟国であるアメリカは味方だということだ。
以前にブログで取り上げた日本はのび太で支那はジャイアンでアメリカがドラえもんという説も改めて頷けると思ってしまった。

石原慎太郎東京都知事が以前に支那について、文化大革命などを引用して「生命に対する価値観がまったくない」との見方を示し、米中開戦の場合には「生命を尊重する価値にこだわらざるを得ないアメリカは勝てない。間違いなく負ける」と言明したことがあった。
要はわかり易く言えば支那は人を人と思わない残虐性を持ち合わせているから、いざと言うときにヒューマニズムを尊重しそうなアメリカは勝てないということだ。
アメリカの属州などと揶揄されてもチベットや東トルキスタンのようになるよりはましだろう。

同盟国とは言っても他人がこれだけ言ってくれていると言うのに日本政府は自分では何もしないつもりなのだろうか?どこまで腰抜けなのだろうか?

_LysU.jpg


スポンサーサイト

Comment

g-pal
 なるほど、そうか、と思いたいのですが、、、、、
 日米安保は、日本が実効支配している領土が対象とされていますよね。たしかに、次官補は日本の領有権を認めた。しかし、共産・支那が尖閣に侵攻・上陸しようとするとき、アメリカはすぐに参戦できないはずです。アメリカの議会承認とかを経ないとだめだったはずです。ここで審議している間、実効支配を着々と固められたら、竹島の二の舞が起きない保証はあるのでしょうか。次官補は実効支配を認めたわけではないのですよね。
 また、次官補は今回の日本政府の行動は適切と言っていますが、実効支配を自分で否定する行動のどこが適切なのでしょうか。彼が話したことを逐一見てみないと、よくわからないのですが???記者が、適当に話を切り貼りしていないとすると、どうして安心となるのかが、やはり見えてこない。(疑り深くてすみません)
 人民解放軍はおそらく尖閣占領までの作戦計画を立て、それに従って、作戦遂行していると思われます。その時に、領有権の保障が何の役に立つのでしょうか。
2010.09.29 at 22:22 #JalddpaA URL [Edit]

g-pal さん、こんにちは
私もアメリカが沖縄返還の時に尖閣も一緒に返還したという下りのみ評価しています。日本政府の犯罪者釈放が適切という部分は評価できません。本当は、釈放するべきではなかったと言ってもらいたかったと思いますがそこまでアメリカ頼みでは仕方ないと思います。日本が本来するべき国際世論を味方につけるという役割の一部を代行してもらったので後は自分たちでしっかりしないといけないだろうと思います。まあ民主のお目でたいやつらには無理ですけど。またよろしくお願いします。
2010.09.30 at 14:41 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。