スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民も総裁交代を!

2010.09.30

自民党の谷垣禎一総裁が支那人船長について「直ちに国外追放にすればよかった」と発言し、党内外から批判されているが、カンがその谷垣の発言を引き合いに出して自らの(検察のではない)判断を正当化した。
自民党や谷垣に責任転嫁するカンが人間のクズだということは、ここでは取り上げない。
そんな引き合いに出されるような軽率な発言をした谷垣が問題である。
この発言に関し、安倍さんが、国会内の個人事務所を訪ねた谷垣に、「総裁は党員や党支持者の士気を鼓舞するような行動を取ってもらいたい」と注文した。当然のことだ。

保守としてどうも谷垣は頼りないと思ってきた。
この件でも保守ならば絶対取り調べが済むまで釈放などしてはいけないと発言するべきだった
国難に直面している日本にあって野党第一党というか本来政権の座にいないといけない立場の自民党の責任は重い。にもかかわらず谷垣のような穏やかな人間が総裁をしていていいはずがない。
カンの発言を契機に自民党総裁も変えるべきだ。
保守本流のしっかりとした人に。
でも自民党も総裁候補には人材不足で安倍さんしか思い当たらないなあ。
まあ安倍さんが総理をやっていたときの民主党の代表は汚沢なんだからちっとも世代交代が進んでいない民主に比べれば自民はそういう部分はしっかりしている
(民主党は驚くべきことに15年間で代表経験者は5人しかいない。しかも全員がまだ要職に就いているに等しい。いかに権力が一極集中しているかがわかる。)
だから安倍さんがもう一度総裁になってもらっても問題はないだろう。

sha1004221708023-p2.jpg
おつかれさまでした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。