スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那成りすまし知事が戯言

2010.10.03

 馬淵澄夫沖縄北方担当相は2日、那覇市内の沖縄県庁で仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題などで意見交換した。仲井真知事は普天間飛行場の代替施設を同県名護市辺野古に建設するとした日米合意を見直し、飛行場の県外移設に取り組むよう求めたが、馬淵氏は県側と協議を重ねる考えを示すにとどめた。馬淵氏は担当相に就任後、初の沖縄訪問。

 仲井真知事は同県・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件を受け、「県民の生命、財産が侵害されないよう適切な対応を求める」とも要望。海上保安庁を所管する国土交通相兼務の馬淵氏は「毅然(きぜん)とした態度で臨んでいきたい」と述べ、尖閣諸島周辺海域の警備を強化する方針を伝えた。(産経新聞 10月2日)


このタイミングで米軍基地の県外移設を提案て、仲井真とかいう奴、アタマは大丈夫なのか?
森本敏氏が言うように、「尖閣問題と普天間問題は密接にリンクしている。」ことは誰でもわかることだ。

この仲井真という知事は調べてみたら支那人だった
琉球王国に渡来した支那人の子孫ということだ。
久米村人(くにんだんちゅ)というらしい。
日本に何年もいるから日本人になるということはない。
支那人は永久に支那人だ
こんな奴が日本人に成りすまして沖縄を支那に譲り渡すことに手を貸そうとしているのは許せない。

それにしてもこんな奴を知事に選ぶということはやはり沖縄県人は相当オメデタイのだろうか?
別に沖縄にだけ厳しいことを言うつもりはないが、県民はしっかりとした意志を持たなければ売国奴共に翻弄されてしまう。くれぐれも間違った選択は繰り返さないでほしい。

plc1010021150005-n1.jpg
右が支那人の成りすまし知事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。