スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪党共に天誅を!

2010.11.03

ロシアのメドベージェフ大統領が事前の観測通り北方領土を訪問したことで、民主党・菅政権の外交政策に対する批判と疑問が、沖縄・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件に続き、高まった。「冷静な対応」を強調する菅直人首相と政府は、訪問を阻止すべくどこまで真剣に動いたのだろうか-。 (政治部 酒井充、モスクワ 佐藤貴生)

 「ハノイで懸念を伝えようとしなかった政治の判断ミスだ」 
1日午後、急(きゅう)遽(きょ)開かれた自民党の外交部会では、メドベージェフ大統領の訪問を許した菅政権への批判が集中した。

 菅首相と前原誠司外相が参加し、10月下旬にベトナムのハノイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議の場には、メドベージェフ大統領とラブロフ外相もいた。このとき、すでに大統領の訪問計画は報じられていた。だが、日本政府は訪問を阻止すべく、ロシア側との会談を設定しようとすらしなかったのだ。 

部会で議員の批判の矢面に立たされた外務省幹部は、大統領訪問の事実すら「報道によれば…」と答える心許なさだ。ましてや、前原外相がこの日、ロシアのベールイ駐日大使に抗議した際に伝えた日本としての「適切な対応」が、具体的に何なのか、示せるはずもない。

 こうした対応に議員側はいらだちを募らせ、「ロシアに対し首脳の入国禁止や経済制裁などを検討し、ロシアが失うものが何かを思い知らせるべきだ」(中谷元・元防衛庁長官)との強硬論も出た。
日本側の対応を振り返ってみよう。大統領の北方領土訪問計画が浮上したのは9月下旬。これを受け、前原外相は同月29日にベールイ大使を外務省に呼び、「訪問が実現すれば日露関係に重大な支障が生ずる」と伝えた。10月上旬に日本側は、モスクワで行われた日露事務次官級協議の席上、訪問中止を申し入れた。だが、ロシア側は「大統領の訪問計画は知らない」と答えるだけだった。

 日本政府の表だった抗議の動きはおおむね、この程度だったとみていい。日本側は「懸念」を伝えただけにすぎないのである。

 10月28日、在モスクワ日本大使館で記者会見した河野雅治駐露大使に、記者団からは「メドベージェフ大統領が11月早々に北方領土を訪問するとの情報がある」との質問が集中した。大使は「うわさはあるが、具体的な計画があるとは承知していない。準備しているという話はない」と語った。大統領が国後島を訪問する4日前のことである。 「大統領はいずれ現地に行くだろう」(日露外交筋)という感触はあったという。だが、大使館が得ていた情報は断片的なものであり、確たる情報をもち合わせていたとは言い難い。

 ロシア政府は情報機関出身のプーチン大統領時代に、意思決定を大統領府に一元化し、情報漏(ろう)洩(えい)を厳しく監視するシステムを導入し、ロシア外務省も外交政策決定の中枢から外されたという。日本はこうした「情報の壁」の前にも無力ですらある。(産経新聞 11月1日)


こうして見てみるとバカカン政権は、とてもまじめに外交を行おうとしているようには見えない
民主党内からも最初にメドベージェフの訪問計画の話があってから何をしていたのか?と言われていたが多分何もしていない。
いくらなんでもこんなバカなことを本気でやっているわけがない。

海外メディアからは、政治の素人集団とか言われているが、いくら何でもそんなことで済ましていいことではない。
こいつらは素人のフリをして意図的に国益を失うような行動をとっているとしか思えない。

国内で売国政策を推し進めようとしている政党が外交でも同様に日本を貶めようとしていると考えれば納得できる。

出自が怪しい奴らだから、その本当の祖国の利益になることをやっているのかもしれない。
反日バカメディアとグルになってそうした悪事を隠しているのだろう。

もうバカ政権だから仕方ないでは済まさないようにしなければならない。

この記事の写真では、カンはいつも以上にヘラヘラしている
北方領土にロスケに上陸されたことが嬉しく仕方がないようだ。
顔は正直なものだ。
支那と何か密約でもあって、無事に上陸が済んだら政権の維持を支援してくれることにでもなっていたのかもしれない。それぐらいこのバカ面は醜い。
もし、目の前にあったら自分の手が腫れるまでいや、骨が砕けるまで殴りたくなるだろう。

今までどの大統領も北方領土には訪問していなかったのは、ロスケには奴らなりの倫理があったのだろう。
それが突然、道義上の罪を犯したということは、ロシアの背後には支那があることを如実に語っている。支那、朝鮮には倫理などないからだ。
島を不当に追われた人もいるはずなのに、その上更に日本人の心を踏みにじる行為は、許しておけない。

直接の敵、ロスケ、唆した支那、そして手引きした民主党政権、すべて天誅が下ることを祈っている。お前ら、ロクな死に方しねえぞ。



_111M.jpg
多分本当にこう言ってるよ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。