スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや支那人による虐殺!

2010.11.03

兵庫県神戸市須磨区で「妹を連れ回した」として仲間ら約十数人を呼び集め、被害者2人を拉致した上で執拗な暴行を加えて死に至らせた事件の犯人は、支那人だったようだ。
私は何もはっきりしないうちから「こんな事件の犯人は支那人か朝鮮人に決まってる」と言っていたが、何の確証もなく印象だけで言ったことが的中してしまった。これは耳掻き殺人の犯人についても同様だった。
私が何気なく発する「こんな事件は支那人、朝鮮人の仕業だ」はかなりの確率で当たっている。
というか多分100パーセントだろう。
これは大変恐ろしいことだ。
石を投げれば支那人、朝鮮人犯罪者いや殺人犯に当たるということなのだから。

日本で起こる異常な殺人事件のかなりの部分はこいつら特アの人間によるものだということだろう。
そしてそれはメディアの報道の仕方を見れば一目瞭然である。
第一報でセンセーショナルに報じておきながら、突然情報が激減する。
下手するとまったく報道しなくなる。
おかしいと思って調べてみると犯人が特ア人であることがわかる。
この神戸の事件についてもこの犯人の出自について触れたのは地元の新聞社一社だけだということだ。

被害者は自分の身近にこんな危険な人間たちが大量に潜んでいることなど知らずに生活していたことだろう。
突然、日本語を普通に話す日本名の特ア人が大挙してきて残虐な殺戮が行われてしまったということだ。

これはこいつらの祖先が通州で、済南で、チベットで、滋賀で、福岡で、スプラトリー諸島でやったことと何ら変わりがない。
こいつらは呼吸をするように殺人が出来る民族だということを肝に銘じておくべきだ。
多くの国で特アの人間の異常性を認識して排斥しようとしているときにバカと特ア人が政権に巣食っている日本だけがもろ手をあげてこいつらを歓迎している。

こういう危険性を拡散していかなければならない。
特ア人の兇悪犯罪をすべて日本社会の責任に摺りかえるウソに騙されてはならない。


imagesCA9AKM5V.jpg
スポンサーサイト

Comment

g-pal
 菅原道真が支那と断交して以来、明治に至る
まで、日本の為政者は支那と国交を持とうとし
ませんでした。

 道真は、当時の支那人に愛想が尽きたので
す。そして、今も全く変わらない、残虐・捏
造・我慾だけの野蛮な支那人のことを、道真以
来の日本人は皆知っていました。

 だから、国交を開かないことも当然と思って
いたはずです。

 ところが、大東亜戦争敗北後、アメリカ占領
軍が連合国の一員とした蒋介石・中華民国のプ
ロパガンダを許したため、日本人はすっかりお
かしくなってしまいました。大東亜戦争以前を
知っている日本人が数少なくなり、このおかし
さを感覚として捉えられる人もいなくなってき
ています。

 日本人にかけられた洗脳を、何としても解か
なくては、、、
2010.11.03 at 16:03 #JalddpaA URL [Edit]

先人は支那人の異常性をよく理解していたんですね。
脱亜というのは私もずっと理想にしています。
政治、経済は言うに及ばず、エンターテインメント
スポーツでも一切関わりたくないですからね。
2010.11.03 at 17:14 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。