スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の英雄を守れ!

2010.11.05

 菅直人首相は5日夜、尖閣ビデオ流出問題について「情報管理がしっかりとした形になっていないという危機感を強く覚えた」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【尖閣ビデオ流出問題】

 --尖閣諸島沖の中国船衝突事件のビデオがインターネット上に流出した問題で、警察情報の流出に続き政府の情報管理能力が問われている。海保、検察による関与の可能性が高いが、政府としては国交相、海上保安庁長官の監督責任も含めて、どのように対応していくか

 「閣議後の懇談会でも徹底的に調査をして、なぜ起きたのかを明確にするよう指示をしました。まずは、徹底的な原因究明が先決と考えています」

 --首相が一報を受けたときに感じたことは

 「先ほどの質問とよく似ていて、テロ情報の流出があり、今回はこのビデオ流出ということで、相当そうした国のと言うか、情報管理がしっかりとした形になっていないという危機感を強く覚えました」 

 --野党側はビデオの全面公開および真相究明がなければ、国会での審議拒否を示唆している。補正予算への影響も懸念されるが、政府として全面公開する考えはあるか
「いずれにしてもまずやらなければいけないことは真相究明ですから、そのことに全力を挙げるということにまず尽きますね」

 --今回のビデオ流出で、中国漁船の衝突が故意であったことが明白になった。対中戦略など国内世論に与える影響はどう考えるか 
「当時の国交相や官房長官からそうした指摘をされ、私も聞いていました。今後のことについては冷静に両国が対処することが必要だと考えています」

 --中国側は憂慮の念を伝えているが、一連の日中関係の事態打開のため、APECで目指している日中首脳会談の開催の重要性をどう考えるか

 「今いったようにこうした問題が起きた中でも、両国が冷静に対処することが重要だと考えています」
(産経新聞 11月5日より一部抜粋)


こういう事態になってもカンは他人事のようなことしか言わない。
情報管理に危機感を感じたなどと言っているが、国家の情報の責任者は自分ではないのだろうか?
キチ外ばかりの閣僚では信用できないのも当然だろうが任命したのはこいつ自身ということさえ忘れているのかもしれない。
テロ情報の流出も国家公安委員長の責任を問うべきとは考えないようだ。

全面公開はこんな状況でも全く考えていないが、犯人探しだけを一生懸命やると言っている。
こんなふざけたことを言っている限り野党は審議拒否をし続けてやればいい。

私はビデオの流出がやはり義憤に駆られた国士によるものという考えに傾いてきた。
流出されたことで実際、カン政権は動揺している面が強いと感じたことがその理由である。

そう考えるとまず必要なのは、流出させた英雄を支援しなければならない
田母神さんに並ぶ日本の救世主として国民みんなで支えていかなければならない人になる
近年できた公益通報保護法により、内部告発をした者に不利益な扱いをしてはならないことになっているはずである。
仙石は弁護士の癖にそんなこともわからない大バカであるが、国民の英雄に対して不当な刑罰を加えることは断固として阻止しなければならない。

imagesCASBQRY0.jpg
新たな英雄の誕生か?




スポンサーサイト

Comment

昨夜のNHK地上波のニュ-スなどではやはりビデオの内容に関することより情報漏えいの犯人探しの方に重点がおかれているように感じました。テレビ朝日に出ていた佐々氏はさすがこの件はテロ情報漏洩の件とは違う,おこなったのは憂国の士だ言い切っています。また実行者を弁護するとも言っていました。同感です。
2010.11.06 at 07:25 #- URL [Edit]

りっけん3
危機管理のプロの佐々さんから見たら今のカン政権のママゴト遊びみたいな危機管理など見るに耐えないでしょうね。犯人探しに躍起になってるバカ共はすべて(支那との交渉が進展しないこととか支那で起こるだろう反日デモのこと等)の責任をビデオ投稿者に押し付けるでしょうから国民がそこでとりわけ大きな声で援護しなければならないと思います。
2010.11.06 at 09:05 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。