スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史的集会に行ってきた!

2010.11.07

尖閣諸島での漁船衝突事件を巡り中国政府に抗議する民間団体主催のデモが6日、東京都内であり、約4500人(主催者発表)が、東京・銀座や大手町を行進した。

集合場所の日比谷野外音楽堂(千代田区)では「自由と人権・アジア連帯集会」と題した演説会があり、元航空幕僚長の田母神俊雄氏や自民党の小池百合子衆院議員らが「中国の動きにもっと警戒を」などと演説。漁船衝突のビデオ映像が流出した翌々日とあって、日本政府の対応を非難する声も目立った。

デモ行進の参加者は日の丸やプラカードを掲げ、「中国による主権侵害を許さない」「中国政府はノーベル平和賞の劉暁波(リウ・シアオポー)氏を釈放しろ」とシュプレヒコールを上げ、週末でにぎわう銀座など約2キロの道を約1時間かけて歩いた。主催団体の水島総さんは「みんな中国政府のやり方に不安を感じている。右翼色のないデモだから、これだけの人が集まったと思っている」と話した。(朝日新聞  11月7日)

昨日の日比谷野音での集会は大変素晴らしいものだった。
私は私用があってデモには参加できなかったが、集会だけでも大変感動的だった。
これだけの方が民主政権と支那に怒りを感じて参集したということがとても心強かった。

登壇された方の中で特に印象に残ったのは、西村幸祐さんとバングラディシュの方だった。
西村さんが既存メディアに対して怒りの声をあげたのは正に鳥肌ものだった。
凄まじい怒声だった。
引き込まれて私は「そうだ」と大声で叫んでいた。
そしてバングラディシュの方がアジアの近代化を成し遂げたのは日本なんだと力説されていたのには涙が出る思いだった。出来ればこの方の話をもっともっと聞きたかった。
日本はアジア諸国のために殺人国家支那に取って代わってアジアの盟主とならなければならない。そういう思いを強くした。

他にも日本よりも遥かに国力の小さいフィリピンやベトナムが支那の侵略に怒りの声をあげているのに日本が何もしていないことを批判されていた方もいた。
平沼さんのエドマンド・バークの言葉を引用されたメッセージも素晴らしかった。

メディアの取り上げ方にも変化が見られるようになったようだ。
いくつかの新聞やテレビで取り上げられたのは確実に保守運動の成果といえる。
反日メディアにも危機を感じさせるものになったのであれば更に素晴らしいことだ。
NHKはまた主催者発表を無視して参加者は3800人だと言っているが。


只一つ気に入らなかったのは、会場に南チョンの国旗が掲げられていて、南チョン人も登壇したことだ。
また三浦某という奴は、北チョンを許さない理由としてまず北チョン人数百万人を餓死させたこと、そして朝鮮戦争の原因をアメリカと南チョンのせいにしたことなどを挙げておまけのように拉致のことに触れる程度だった。これは許されないことだ。
しかし、会場の多くの人は拍手喝さいしていた。
登壇者の発言をもっとよく聞かなければならないと思う。


今回の集会およびデモが反支那、反北チョン限定としたことで日本のキチ外マスコミを批判しながらその異常性の根源である南チョンを仲間のように扱うという矛盾が生じたのだろう。
こういう保守の集会にこういう奴らが入り込むことはよく注意する必要がある。

www_dotup_org1235300.jpg
スポンサーサイト

Comment

g-pal
 集会でバングラデシュの方が、パール判事は
バングラデシュの人だと言っていました。
 昔風に言えば、インドのベンガル地方の人、
ということですね。これは、初めて聞くこと
で、急にバングラデシュに親近感を抱きまし
た。ベンガル槍騎兵は大英帝国の時代には勇猛
で知られていましたが、パール判事のことから
推測して、武士道精神も持っていたのでしょ
う。

 西村さんが触れていた、テキサス親父殿のビ
デオは

http://www.youtube.com/watch?v=OUyJSSji2Gg

これです。日本人は必見!
  
2010.11.08 at 21:39 #JalddpaA URL [Edit]

りっけん3
ありがとうございます。
早速見てみましたがすごくわかりやすいですね。
何故日本のためにこんなことをしてくれるんでしょう?
ブログにも貼っておきました。
本文はまた南チョン批判になってしまいましたが。
2010.11.09 at 18:50 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。