スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前が言うな!

2010.11.19

 菅直人首相は19日午前の閣僚懇談会で、柳田稔法相の国会軽視発言や仙谷由人官房長官が自衛隊を「暴力装置」と表現した発言など閣僚の失言が相次いでいることに対し、「緊張感をもって取り組むように」と注意した。

(産経新聞 11月19日)

緊張感の欠片もないような閣僚を選んだのはお前だろう。
そしてそういう奴らを擁護し、辞任もさせられないのはお前の指導力不足であることは明らかだ。

国会答弁を軽視している法相に注意したぐらいで改まるはずがない。
いい歳のおっさんが子供のように注意されても今更人格がまともになる筈がない。
こいつは精神異常者なのだから、精神病院にでも入れておくしかない。

また仙石に至っては、失言でさえない。
意識的に自衛隊を否定してみせて、支那にアピールしているだけだ。
こういうキチ外を選んだカンの罪は重い。
しかし、民主党議員は何を言っても、何をしても許されるという異常事態をどうにかしなければならない。
こいつらはそれを認識しているから段々と図々しくなってきている。

新聞記事をチェックすれば閣僚の不祥事がずらりと並ぶのに誰も辞任しない。
去年の鳩山政権から閣僚で辞任したのは藤井のじいちゃんが体調不良で辞めただけのはずだ。
秘書が起訴されても、事務所費でキャミソールを買っても、国会内でウソの申請をしてファッション誌の撮影をしても、南チョンで反日デモに参加していても、議員会館に愛人を連れ込んでも、選挙で落選しても辞任はしなくていいようだ。
誰が決めたのか?

自分たちで辞めなくていいと勝手に言っているだけだ。

元々辞任するかしないかということが、本人の判断に任せてあるのは、性善説に基づいているからではないだろうか?
大臣になるような人物は倫理観もしっかりしているから何か失政をしたら責任を感じて自ら辞するだろう、と。
しかし、こいつらのような日本人のメンタリティーをもたない人間にあっては責任を感じることもないし、強制的にやめさせられなければいつまでも権力の座にしがみ付くから始末が悪い。
だから法律を変えなければならないのかもしれない。

性悪説でもって管理しなければならない。
閣僚の辞任を売国政党とマスゴミが恣意的にコントロールしている現在の状況を変えない限り、政治が良くなることなど未来永劫ない。


pUF_H.jpg
本気でこう思っているんだろうな。このふてぶてしい顔みればわかるよ。


i5bUT.jpg
緊張感をもっていると答弁を求められる直前に起きられるらしい。
kGUey.jpg
それだけは御免蒙りたい!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。