スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松崎、誰?あーあの勘違い議員か。

2010.11.21

松崎という人間のクズである可能性が高い(笑)民主党議員が自分のブログで反論している。

こいつは7月27日の納涼祭に来賓として出席し、帰る際に駐車場まで30メートル歩くのが面倒だったので自分の車を呼び寄せるよう、車両誘導担当の隊員に要求した。だが、歩行者の安全確保策として片側通行にしていた道路を逆走させることになるため、隊員は松崎氏に駐車場まで歩くよう求めた。ところが、こいつは歩行者はいないとして車を寄せるよう指示。隊員が拒否したところ、「おれをだれだと思っているのか」と逆切れした。 別の隊員がこのバカの秘書が運転する車を逆走させる形で寄せると、「やればできるじゃないか」という趣旨の発言もした。誘導担当の隊員が「2度と来るな」とつぶやくと、松崎氏は「もう1度、言ってみろ」と言って誘導担当の胸をわしづかみにしたという。

(以下、松崎のブログより飲尿、もとい引用)

産経新聞報道に関して(2010年11月18日)
 11月18日付の産経新聞の記事をはじめ、いわれなき中傷を受けていますが、全く事実無根だと申し上げておきます。まず7月の納涼祭の件は、基地内の誘導の仕方が不適切だと思いましたので、その旨、指摘したことは事実です。私に対し暴言を吐いた隊員には手も足も触れていません。総じて、新聞報道の名に値しない記事です。

 産経が「松崎議員自衛官を恫喝」車逆走指示「誰だと思っている」と見出しを掲げているのは、謀略の類の話です。とにかく民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆が見え透いていて、仲間の多くからも毅然と対応しろと励まされています。ネットでは隊員が女性だったとのデマまで飛ばされているのです。

 私が一方通行の「逆走」を要求したこともありません。だいたい、そこは両面通行の場所でしたから、受付方向に車が通れないと思う方が無理なのです。事情を聞いている時、上官の一人が私の車を誘導してきましたので乗り込みましたが、その際に『二度と来るな』と言われました。さすがにムッとしましたが、挑発に乗ったらダメと分かっていますから、立ち去りました。後日、基地側から謝罪にきましたが、私が謝罪を求めたのではなく、あくまで誘導システムに問題があることを指摘したのです。

 私は、むしろ男性隊員の立場を慮って、謝罪に来た上官に、「議員とは思わないで言ったのだろうが、誰であれ市民に対して『二度と来るな』と暴言を吐くのは好ましくない」と言ったものを、当日のことに事実を曲げ、趣旨を全く逆に変えて宣伝されています。が、本筋は11月の話の逆恨みでしょう。

 産経は一部しか書きませんが、自衛隊の基地内の公式行事で「みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう」(防衛省の記録)と、隊員を煽動する発言があったのです。これが不適切であるのは論をまちません。

 その後に、報告を受けた防衛省も「自衛隊法」等の政治的行為の制限に違反するという認識で事務次官通達を出しましたが、自衛隊員に倒閣を煽動するのは、自衛隊は文民である首相や防衛大臣によるシビリアン・コントロールに服する大原則に反します。もちろん、民間人が基地外の、公式行事でない場所で自由に発言するのを封じるものではありません。しかし、その大原則をルーズにしていると、戦前の軍国主義の跋扈(ばっこ)による蹉跌(さてつ)を繰り返してしまう恐れがあるのです。

 本当は、私はこれを基地内の問題だけにとどめておこうと思ったのですが、自衛隊側の問題意識が本省への迅速な報告になったようです。その判断に異を唱えるものではありませんが、結果、私が狙い打ちにされてしまいました。

 事務次官通達は「隊員の政治的中立性の確保について」というものです。市民が市民として菅内閣の政策を批判されるのは自由ですが、そこに隊員を巻き込むかのような動きは、かえって自衛隊の為にもならないと思います。ご自制をお願い申し上げます。

 平成22年11月18日

衆議院議員 松崎哲久 (引用 終わり)



何と言う醜い言い訳だろう。
基地内の問題ではすまなくて、結局気違いの問題になってしまった。(笑)

産経新聞が「民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆」を持っているというなら他にどんな議員がそういう目にあっているというのだろうか?
まさか、仙石やカンや法務大臣のバカ(名前は知らない)やレンホウが叩かれていることをいっているのだろうか?

こいつこそありもしない民主議員たたきを標榜することで言い逃れしようとしている薄汚い魂胆が見え隠れする。

こいつは産経新聞の取材には自分の発言とされたものはすべてウソだと答えている。

しかし、基地内の誘導の仕方が不適切であったこと、その旨を指摘したことは事実で、一方通行の「逆走」を要求したことはウソ。事情を聞いている時、上官の一人がこいつの車を誘導してきて乗り込み、その際に『二度と来るな』と言われたことは事実しかし胸倉をつかんだ暴行罪の疑いはウソ。

要は自分に都合の悪いことだけを一つ一つピックアップしてウソといっているだけではないか。
こんなてめえにだけ都合のいい話を信じられるか!

こいつはこんなことで言い逃れできると思っているんだろうか?
事実関係を明らかにするべきだ。

それにしてもこいつ、戦前の軍国主義の跋扈ってバカなことを言ってるなあ。
やはり民主党の議員だ。
やはり日本人じゃないのか?

「俺を誰だと思っている」って言っても誰もしらなかったけど、これであの勘違いして威張り腐ったバカ議員ということで有名になれたじゃないか。よかったなー。
次の選挙が楽しみだな。(笑)


日本全国怒りのシュプレヒコール!
「みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう」そうだ!


crm1011180131004-n1.jpg
何でこいつらっていつも薄ら笑い浮かべてんのかな?
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。