スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国に危険地域指定しない?

2010.11.26

北朝鮮による砲撃があって民間人が死んでいるのに、「外務省 海外安全ホームページ」では南チョン国に関して危険情報を掲載していない。
これはどういうことなのだろうか?

タイでデモが起きたときにはマスコミが挙ってタイへの渡航の危険性を吹聴していたし、外務省のホームページ上では現在も危険情報が出ている。
日本の変態反日キチ外マスコミが南チョンへの渡航の危険性について報道しないのはわかる。
こんな人間のクズ共には何の期待もしていない。
しかし、外務省が南チョンに気づかって危険情報を出さないのはどう考えてもおかしい。

もしこういうことが政治的配慮によって為されているとしたらそれはとんでもないことだ。

例えばアメリカの国務省はソウルでG20が開催されたときに、南チョン国に 旅行をする場合には注意するよう呼び掛けたりしている。
自国民の安全を考えるのは当たり前だと思うのだが、この国においてはそうではないようだ。


もし、テレビも新聞も見ていない情報弱者が南チョン旅行を企てても外務省は危険性を伝えていないのだから何かあったら外務省が責任を取れるのだろうか?
取れるはずがない。

日本人の安全よりも南チョンの体面を重く見ていると言わざるを得ない。

昨年の南チョンへの旅行者は、300万人以上いるらしい。
こんなにバカが多くいるということは驚きである。
修学旅行が中止になった高校もあるらしいが、そもそも何が悲しくてあんな汚い場所に修学旅行に行かなければならないのだろうか?
中止になってよかっただろう。

メディアが未だにチョン国をありえないくらい美化して宣伝しているがやはりそういうものをまるっきり信じ込んでいる人間が旅行に行くのだろうか?
捏造した歴史の反日教育を受け、日本人には何をしても許されると信じている人間の国に行くということがどういうことかわからないのだろうか?

買い物やエステに行くのかわからないけど、食べるものに店員が唾を吐きかけているとか、雑巾の絞り汁を入れてるとは考えないのだろうか?
女性の場合常にレイプされるかもしれないという心配をしながら旅行して楽しいのだろうか?
或いは、私のような人間に南チョン旅行をしてきたことを話せば、人間とは思えないぐらいの対応をされることになるが、それでも行きたいのだろうか?

しかし、これが激減したらチョンコロに大打撃を加えることになるだろう。

外務省は南チョンの立場を慮って危険指定しないが、危険であることは間違いないのだから行くことはない。
いい機会だから、今後危険極まりない国、そして不潔極まりない国、南チョン国への渡航をやめよう。
世界一の反日国に行ってその国にカネを落とすという愚をやめよう。
img7dfc302f09hve7.jpg
kankoku-bakatare1-1.jpg
こんなことをしている国が安全なわけないだろう!

参照:外務省ホームページhttp://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=003




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。