スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ持ってコキントウに会って来い!

2010.11.29

中国が戦前から沖縄・尖閣諸島の日本領有を認めていた証拠となる「感謝状」の完全版が28日、石垣市内に現存していることが分かった。

 感謝状は、1920(大正9)年5月、中華民国駐長崎領事が、前年に遭難して尖閣諸島に避難した中国・福建省の漁民31人を日本の住民が救助したことに対して贈ったもの。文中に尖閣諸島を「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と記述している部分があり、当時の中国が尖閣諸島を日本の領土として認識していたことが分かる。 
石垣市によると、感謝状は関係者7人に出された。このうち、1通は石垣市立八重山博物館に保管されているが、掛け軸にするため上下左右が切り取られている。今回発見されたのは、当時の石垣村長、豊川善佐氏に贈られたもの。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をきっかけに、同博物館が豊川氏のひ孫の女性に調査を依頼したところ、今月12日、自宅で発見された。

 石垣市の中山義隆市長は産経新聞の取材に「村長あての感謝状で、保存状態も非常によい。尖閣諸島が日本の領土であることの証明がより強固になった」と話している。(産経新聞 11月29日)

本来であれば、カンがこういう資料を携えてコキントウと会談すればよかったのだと思う。
そしてAPECやASEMで他の国にもこの証拠を見せて、支那が尖閣で海底資源があることが報告された途端に自国の領土と主張し始めたという事実を説明すればよかったのではないか?
今からでも国際法廷に持ち込んで争ってもいいだろう。
支那がそれを拒否したら、その事実を世界中に発信してやればいい。
支那が言っていることは無茶苦茶だから毅然と対応さえすれば簡単に片付く問題だと思う。
しかし、それを敢てやらない政府にはやらない理由がある。
日中記者交換協定と同様の支那に不利になることは一切やらないという密約でもあるんだろう。

そう思っていたら「日本解放第二期工作要綱」というとんでもないものを見つけてしまった。
「日本人民民主共和国の樹立・天皇を戦犯の首魁として処刑」を最終目標とする支那共産党による対日工作活動が
記されているとされる文書である。

詳細はこちら ↓
http://www39.atwiki.jp/civil_defense/pages/75.html


現在の日本は恐ろしいくらいにこの要綱の通りに工作が進んでいる。
この文書が本物か偽者かははっきりしないらしいが、本物であるとしたらとんでもない代物だ。
40年以上も前から虎視眈々と日本の占領を計画してきた支那の執念を感じざるを得ないからだ。

但し、40年前の支那人には想像できなかったものが今は存在している。
そしてそれが日本国民に真実を伝え、そして団結を可能にしている。
工作の進行を阻止する上では最も有効なものである。
他でもないインターネットである。


支那の思惑通りにさせないために我々はこれからもネットで真実を拡散させていく。
多分、これは神が我々に与えてくれたものなのだから。


trd1011290901000-p1.jpg
カン、忘れ物だ。今からこれもってコキントウに会いに行け!
スポンサーサイト

Comment

この中井と言う野郎は道端で女といちゃついていた奴だな。小沢もそうだがこの野郎も一線を越えたな。日本人として皇族の方への不敬は絶対に許せない。!!こいつら左巻きを一掃しないと日本はどうしようもない。みんなで民主党反対のデモに参加しよう。
2010.11.30 at 15:04 #- URL [Edit]

りっけん3
本来ならというか自民党だったらあんなスキャンダルが出た時点で辞任していますね。
やっぱり根性まで朝鮮テーストになつていると不敬と思わなくなるんでしょうか?
明日の虎ノ門での大集会には私も参加します。
楽しみです。
2010.11.30 at 17:32 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。