スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かこいつを拉致してくれよ!

2010.12.10

仙谷氏が拉致相続投に言及、家族会主催の国際シンポで 拉致集会は「針のむしろ」?

拉致被害者の家族会や超党派の国会議員でつくる拉致議連が主催する国際シンポジウムが10日、東京都内で開かれ、仙谷由人官房長官が拉致問題担当相を兼務後初めて家族会関係の集まりに出席した。家族会は専任の担当相設置を求めたが、仙谷氏は「やれることは何でもやる」と兼務を続ける意向を示した。

 田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(72)が冒頭、「担当相が何回も替わって私たちが取りつく島もない。政府に解決する姿勢が見えない。年を取り焦燥感が高まる。兼務ではなく専任の担当相を置いてほしいのが私たちの願いだ」と訴えた。
 
続いてジャーナリスト、櫻井よしこさんが司会として「国民の命、国家のあり方がかかっている問題について片手間にみえる対応でいいのかうかがいたい」と仙谷氏へのあいさつにつないだ。

 仙谷氏は「お子さんや兄弟が拉致されるという想像だにできない人権蹂躙(じゅうりん)から30年以上。政府の責任者としていまだ解決できず、たいへん申し訳ない」と述べた。さらに韓国・延坪(ヨンピョン)島への砲撃などの発生に触れ、「やれることは何でもやる、行動に移すという決意で担当相を務めたい」と専任の担当相設置ではなく、自らが兼務を続ける意向を示した。

 仙谷氏は会が始まる5分ほど前に登壇。終始落ち着かない様子で、準備したあいさつ文に目を落としたり、頭をかいたりしていた。開始前には、会場から「針のむしろではないので安心して」などと声が飛んだ。仙谷氏はあいさつを終えると30分ほどで会場を後にした。(産経新聞 12月10日)


センゴクみたいなどこの国の政治家かわからないような奴が担当している時点で民主党にはやる気がないのがわかる。
民主党には拉致に取り組む意志などまったくないということを確認することにしかならない。
だってチョン校を無償化にした張本人が拉致に取り組むわけがない。
センゴクは閣僚人事もしきっているのだからなぜ、専任の担当大臣を置かないのかについて納得のいく説明をしなければならない。
なぜ専任の大臣を置かないかと言えば、担当大臣にまともに仕事をされると困るからだ。
北チョンとの密約か何かで拉致は握りつぶすことにでもなっているのだろう。
だから自分をそのポストにおいて党内、閣内に「拉致解決には何もしない」というメッセージを発しているのである。
こんなふざけた話があるか?

こいつは、「できることしかやらない」とぬけぬけと言っている。

本当に拉致被害者家族は腹が立っていると思う。
こいつが出席するだけで気分が悪いだろう。
誰かこのバカじじいを北にさらって行ってくれる奴はいないのか?


decojiro-20101113-161335.jpg
北チョンのお墨付きだ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。