スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党に倫理を求める方がバカ!

2010.12.22

仙谷氏「そんなことが通るのか」 同氏続投なら自公の審議拒否方針に

仙谷由人官房長官は22日午前の記者会見で、自民、公明両党が問責決議を受けた仙谷氏と馬淵澄夫国土交通相が辞任しない場合、来年の通常国会に両氏が所管する委員会審議を拒否する方針を確認したことについて、「そういうことが通るのかどうか、お互い政治ですから、よく考えなきゃいけない。法律論としては衆院も参院も通らない」と反論。法的拘束力のない問責決議を理由に、審議拒否の構えをみせる両党の対応をけん制した。(産経新聞 12月22日)

以前にもブログで書いたが、例えば問責決議もそうだが、政治の世界では最終的に辞める辞めないの判断が自分でできるようになっているのは、「政治家になるような人物は自分の行動が倫理的に悖ると判断したら自ら辞するものである」という性善説に基づいて作られていると思う。

過去に可決された自民党議員はいづれも辞任しているのは、自民党にはそうした倫理があるからだ。
しかし、民主党という売国政党にはそういう倫理など求めても無駄だった。
こんな風に法的拘束力がないことを理由に醜くしがみ付くことは想定されていないのではないだろうか?
センゴクは法の精神でさえ予測できないくらい恥知らずであるということだ。

もちろん反日メディアが恥も外聞もない擁護をしていることも大きい。
自民党政権時代あれだけどうでもいいことでネチネチ揚げ足取りしていたのに今は政権の御用マスコミでしかない。
30メートル歩くのが嫌で車を逆走させるという極めて危険な違反をした松崎や皇室に対する不敬を行った中井ハマグリは既に不問に処されている。市民の目線ならばこいつらの両方とも議員辞職するべきと考えているにもかかわらず。

センゴクでさえやむを得ないとする発言をしていた海保長官の辞任もなぜか立ち消えた。
閣僚や一般議員の出処進退は売国政党とメディアがコントロールしている。
これは由々しき事実である。

情報弱者に是非聞いてみたいが、自民党政権時代には組閣して1~2ヶ月で閣僚が必ず1人か2人は辞任していたが、民主党政権になったら途端に辞任がなくなったことをどう考えるのか、と。
まさか民主党の閣僚は行いが正しいからだとは思っていないだろうな?(笑)

それとも新聞やテレビがそう言っていれば信じるのか?(苦笑)


民主党の閣僚共は、どんなに恥を晒しても強制的にやめさせない限り辞めないだろう。
そのために覚醒した国民が声を挙げていくしかない。
チャンネル桜の水島社長も言われていたが、民主党は国民運動の弾圧を強めていくだろう。
それに対抗するためにはもっともっと多くの人の参加が求められる。


201010301003021c6.jpg
「耳をかっぽじって聞け」って言ってたけどお前こそ鼻をかっぽじってよく聞け(笑)
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。