スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ愛好家(笑)に捧ぐ!

2010.12.25

私の周囲で今現在パチンコをする人は一人もいない。
私がパチンコをするような人とは親しくなりたくないと考えているから、それは自然なことなのかもしれない。
もしいたら、色々と聞いてみたいことがある。

①何故パチンコをするのか?
②月いくらぐらい注ぎ込んでいるのか?
③いつまでパチンコをやっていくつもりなのか?
④自分がパチンコをすることでテロ国家に貢献しているという自覚はあるか?


まず何故パチンコをするのかが気になる。
地方にいたときの同僚で休日はパチンコしかすることがないという絵に描いたようなダメ人間がいた。
こういう人は、他にすることがないからしている人達だろう。
いい歳して独身で彼女もいない。
趣味らしい趣味がない。
パチンコが趣味だというようなことを言っているが、それほど恥ずかしいことはないのではないか?

次に考えられるのは、パチンコ中毒になっている人である。
ニュースでもよく目にする主婦とか老人で多額の借金をしながらどんどんパチンコ屋に貢いでいる人達である。
真夏に車に子供を放置して死なせるという更なる悲劇を招く人もいる。
これはパチンコのもつギャンブル性がかなり危険であると言うことの証拠となるものである。


②は注ぎ込んでいる額=負けている額と考えている。
そうではなくて、次の資金に当てるとか言い訳する人もいるかもしれないがそれは無視しておく。

以前の知人でパチンコをやる人がいたが、その人はパチンコで勝った話はするが負けた話は絶対しなかった。
そしてトータルでは間違いなくプラスになっていると嘯いていた。
私は自分でやらないので実際のところは想像でしかないが、そんなに一般人が勝てるようではパチンコ屋の経営が成り立たないだろう。
見栄っ張りなパチンコドランカーが自分の勝った話だけをして、実はかなりの金額を注ぎ込んでいるという実例はいくつも知っている。


カネを注ぎ込めば注ぎ込むほど、止められなくなっていく。そして借金をして更に注ぎ込んで、ついには多額の借金を背負うことになる。
だから毎月どのくらい負けているか聞くことは重要なことと思う。

③は言い換えればパチンコを止める気はないかということである。
止めたいけど止められないというような回答が最も多く返ってくるのではないか?パチンコの中毒性、危険性、不毛性を十分理解しているが止められない。
賭博というのはそういうものである。
こんな危険なものが何故放置されているのかよく考えなければならない。
当局は中毒症状の人々の精神的ケアを行う、或いは禁酒、断酒のようなプログラムを作って禁パチンコを手助けしなければならないはずだ。
中毒に陥っている人は病気なのだから。
当然だろう。


④は一番聞いてみたいことである。
しかし、実際はパチンコなんかにはまっている人間は北朝鮮の資金になっていることなど知らないだろうし、仮に知っても「だからどうした?」としか思わないのではないか?

パチンコ屋のCMは、ソフトバンク等と同様とても不快だが、ここ数年で10倍くらいに増えたようだ。
これは南北チョンやパチンコ屋が調子に乗っていることの証である。
パチンコ屋のCMに出ている不見識な芸人や俳優はすべて消えてしまえばいい。

パチンコ屋、パチンコ会社を潰すにはパチンコをやる人がいなくなればいい。
南チョン国ではパチンコ禁止になっているが、そういう事実もメディアは報道しないし、民主党の国賊共は、パチンコの換金を合法化しようとさえしている。(合法化法案が通過して、施行されるまでの期間に取り締まりを強化して一網打尽にすることも可能だとは思うが)
こんな奴らにパチンコを禁止できるはずはないから期待などしない。

国民が真実を知ってパチンコをやらなくなることしかないのである。

当ブログを見た方の周囲にパチンコをやる人がいたら是非止めるよう説得して欲しい。
私は5年前に親友を蜘蛛膜下出血で亡くした。
その親友はタバコは吸わなかったがパチンコ屋に長時間いることが多い人間だったから、パチンコ屋での副流煙の長時間の曝露が原因ではないかと思う。

私は親友がパチンコを止めるよう説得することができなかったことを悔いている。
こういうことを無くすためには、パチンコを潰すしかない!


akamatsu3.jpg
こういう人間のクズの利権にしかならないんだぞ!


akamatsu5.jpg


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。