スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青山さんの予言が的中か?

2011.01.10

予算修正に柔軟-岡田氏 自公は仙谷氏交代要求

 民主党の岡田克也幹事長は9日、フジテレビの番組などで、2011年度予算案の修正を野党が通常国会で求めた場合の対応について「中身が合理的なら否定するつもりはない」と柔軟に応じる姿勢を示した。

 自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表はNHK番組で、国会での審議に応じる条件として、参院問責決議を受けた仙谷由人官房長官らの交代要求で足並みをそろえた。

 岡田氏は、小沢一郎元代表に衆院政治倫理審査会への自発的な出席を重ねて促した上で、開催する場合、報道陣に公開すべきかどうかは「小沢氏の判断だ」と指摘した。谷垣氏は「公開され、偽証罪が適用される証人喚問でないと問題は解決しない」とする一方、「小沢氏が政倫審に出るのであれば、対応を考える」と開催に理解を示した。(産経新聞 1月9日)

民主党が公明党と裏取引をしているのが読み解ける。

予算案の修正を要求するのは公明党で、その要求を民主党が呑むのと引き換えに、公明党が予算関連法案に参議院で賛成を投じるということだろう。
アンカーでの青山さんの説明を聞いていたら、岡田の発言がいかにも用意されたものという気がした。

正に国民不在の売国政党同士の汚いコネである。
考えてみれば、民主と公明は共に、特ア重視で反日という共通点がある。
民主党が政権をとってからいつ連立するかと思ってきたが、さすがにすぐくっついたら有権者の批判を浴びるからタイミングを窺ってただけではないだろうか?

そもそも公明党なんぞに、法案成立のキャスティングボードを握らせていることが問題である。
そういう意味ではこんな奴らと連立を組んだ自民党の罪も重い。
当ブログでは、今まで必要性を感じなかったため、公明党、創価学会の批判は今までほとんどしたことがなかったが、やはりこいつらの存在も相当問題だ。

ただカンチョクトという憐れなおっさんは、公明党、創価学会からも仏敵として嫌われている。
すなわち民主政権が創価学会と組むということは、大っ嫌いなカンを排除する方向に転じたということではないか?

岡田がこれから実権を握っていくのだろうか?
また総理が代わるなら今度こそ解散しなかったら国民は納得しないだろう。
何とか世論を盛り上げて、解散にもっていきたいものである。


kan20110107-616425-1-Ls.jpg
この壊れたおっさんは用済みだ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。