スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主の工作なんかに誰が靡くか?

2011.01.16

「追随する議員の出現期待」与謝野氏起用で江田法相
2011.1.15 21:12

 江田五月法相は15日、岡山市の民主党県連の会合で講演し、たちあがれ日本を離党して入閣した与謝野馨経済財政担当相について「そこからまた広がってくる」と述べ、与謝野氏に追随する野党議員の出現に期待感を示した。

 「捨てる神あれば拾う神あり。最初が与謝野さんだったら、やはりそれは拾ってもらわないと」と起用した菅直人首相の判断を評価した。

 同時に「今この徳俵に足が掛かった日本の状況を何とかするには『私が自民党だ』と言っていられない」と指摘。いろんな工作をしているわけではないが、必ず(協力者は)出てくると信頼している」と述べた。

 同席した玄葉光一郎国家戦略担当相も、与謝野氏の入閣について「評価はさまざまだが、党派を超えた結集の第一歩になるかもしれない」との認識を示した。(産経新聞 1月15日)



江田はなんとなく、筑紫哲也のような朝鮮テイストを持っているところが、虫唾が走るくらい嫌いである。

こいつは、何の根拠があって追随者が出てくるなどと戯けたことを言っているのだろうか?
保守系政党から民主入りどころか、地方議員は、選挙ポスターに民主当と入れることさえ嫌がっていることをよもや知らないとでもいうのだろうか?
民主党からでなく、無所属で出馬するケースも多いという。
今や、民主党の看板を背負ってたら選挙戦も戦えない。
それが真実だ。

与謝野のように見苦しく、バカな変節漢は、他には出てこないだろう。
石原さんが言われるようにわざわざ泥舟に乗ることで政治生命にピリオドを打つような行為はバカとしか言いようがない。
唯一人の精神異常な爺さんだけをとってそんなことがこれからも起こるかのようなコメントは許せない。
自ら工作していると言っているに等しいが、そんなことをしたところで、民主に靡くバカはいない。
選挙のポスターに代表を載せないような姑息なことをやっている党はもうおしまいである。

xPY7b.jpg
シンガンス釈放署名そしてキャバクラ活動費。こいつの実績はそれだけだ!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。