スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江田五月「マニュフェストは心眼(ス)で作った」?

2011.01.19

江田法相「マニフェストは(野党時に)心眼で作った」見直しへ2011.1.18 12:38

 江田五月法相は18日の記者会見で、民主党が国民との契約としていた平成21年夏の衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しに入ったことに関連して、「マニフェストは、われわれが政権にいないときに、霞が関(の官僚)が民主党には十分な情報を提供していただいていない中で、『心眼で見るとこうじゃないか』ということで作った部分がある」と指摘した。

 その上で、「実現するには、いろんな隠れた障害があった。実際に政権を担当して、いろんなことが分かってきている。世の中の状況の変化もあり、マニフェストについて一度きっちりと点検をし、より成熟させる部分があればそうしていく」と強調した。(産経新聞 1月18日)

心眼ス?
シンガンスのことを言いたかったのか?
大好きな言葉だからつい、口をついて出てしまったのだろうか?

しかし、駄じゃれだけでなく、こいつの対応はシンガンスの釈放署名をしたときと全く同じである。
要はよく考えなかった、軽率だった、だから釈明した、だからもう解決したということらしい。
こいつには、何もしていないうちから問責を出してもいいだろ?

キャバクラに政治資金を数百万投入したという問題も本人は秘書が行ったという言い訳ですませたつもりらしい。
しかし、どこの世界に議員のスキャンダルになるような政治資金の使い方をする秘書がいるだろうか?

そんな秘書は民主党にしかいない。
そしてその秘書をクビにしたのだろうか?
例によってそんな問題のある秘書をクビにしないという民主党の常套手段を駆使しているのではないか?

また一人、顔もみたくない奴が入閣した。
この内閣改造はそれだけである。

お友達のカンと共に消えてほしい、永久!
xPY7b.jpg



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。