スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大卒内定率低下は学生のせいだと?

2011.01.19

あるテレビ番組で、「大卒内定率低下と雇用のミスマッチについて」取り上げていた。
そこに出てきた専門家らしいおっさん(森吉弘とか言っていた)が、新入社員の募集が少ないのは大手企業だけで中小を志望すれば募集はかなりあるというデータを示していた。
そして、内定率低下は、すべては学生の意識の問題と言い切っていた。

この見解には疑いを持たずにはいられない。
今年3月卒業予定だが、まだ就職が決まっていないという女子学生が出ていた。
大学は大正大学というあまり聞いたことがない大学だった。
果たして、こういう学生が中小を毛嫌いして、大手を志望したために、この時期にまだ決まっていないなどということが本当にあるだろうか?
就職浪人の可能性も迫ってきているにもかかわらず?

もし、そのおっさんが言うように、学生が意識を変え、つまり中小を志望すれば、内定が取れるのであれば、就職浪人するよりは中小企業に入るだろう。
就職浪人などしたら、大手に行くことはまず無理になる。
それならば一旦は中小に入社してキャリアをつけた上で、大手への転職を考えてもいいだろう。
もし、相談されたら私ならそう回答する。
だから学生が大手志向が強いために、内定率が低いという見解はウソだと思う。
新聞記事で神田の寿司屋が募集したら大卒がたくさんきて店主が驚いたということも書かれていた。
寿司屋が大手なのか?


どうもこのおっさんは、政府の回し者で、政府の雇用対策が機能していないことを隠すために、原因のすべてを学生に押し付けようとしているように思えてならない。
政府が効果的な雇用対策を取っていないことに触れないばかりか、現在は就職氷河期でもないというスタンスを通していた。

少なくともこのおっさんは現状を理解しているとは思えなかった。
そういう人間が、ひょこひょこ出てきて、トンチンカンなことを言ってるのは到底許せることではない。
まして、売国政権の指示に従っての行動なら、もっての他だ。
kan20110107-616425-1-Ls.jpg
こいつは何もしていない。内定率の話をするときに絶対批判しなければならない人間だ!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。