スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタを批判していた民主党とマスゴミ、何か言ってみろよ!

2011.02.10

トヨタ「安全」判定 あの騒ぎは何だったのか 

一体、あの騒動は何だったのか。米国のトヨタ車で不具合が指摘されていた電子制御システムをめぐり、米運輸当局が「欠陥は見当たらなかった」と調査結果を発表、トヨタ自動車の主張がようやく認められた。 

調査は米運輸省と航空宇宙局(NASA)が行い、加減速を調節する電子制御システムが安全か否かを究明した。その結果、大半の事故の原因がアクセルとブレーキの踏み間違いだったと判明した。電子システムは自動車の中枢部である。その安全性が米専門家の調査でも確認されたことは歓迎したい。

 これからもトヨタは安全対策を徹底すべきだ。問題は、議会公聴会などで消費者の不安をかき立てた米側の姿勢だ。日本政府も証拠に基づき米側に反論するなどもっと毅然(きぜん)としてほしかった。 
米国内では昨年初めまで、「トヨタ車で意図しない急加速があった」との訴えが相次いで、米議会はこの問題で何度も公聴会を開いた。中間選挙を控え、政治的なパフォーマンスで「トヨタたたき」が繰り広げられたといえる。 

ラフード運輸長官が原因調査中に、「トヨタ車には乗らない方がいい」と軽はずみな発言を行ったのも、その一例だ。長官は今回の調査結果を受け、「トヨタ車は安全だ」と取り繕ったが、自身の発言が「風評被害」を広げたのは事実だろう。米議会とともに米政府にも反省を求めたい。

 日本政府の対応も頼りないものだった。米議会の「トヨタたたき」の風潮に懸念を示し、冷静な対応を求めたりする姿勢は十分ではなかった。菅直人政権は日本企業が海外市場の成長を取り込むことを目指す成長戦略を打ち出している。日本企業が安心して海外に進出できるような環境を整備する責任を果たしてほしい。
そのためには、安全対策情報の共有化が欠かせない。国土交通省は昨年、トヨタ車の電子システムを独自に調査して異常なしとしていたが、その内容は米側には伝えられていないという。そんな重大な事実が両国で共有されていなかったのは問題だ。
海外当局と情報交換を緊密にすることが不必要な摩擦を防ぐことにつながる。

 米トヨタ車は、アクセルペダルやフロアマットなどの問題では大量のリコール(回収・無償修理)を起こした。信頼回復にはさらなる安全性の確保が欠かせない。(産経新聞 2月10日)

やはりこの問題も民主党政権下という異常事態だから起きたと考えるのが正しいだろう。
そもそもこの問題は、民主党が普天間に関する不誠実な対応でアメリカの怒りを買ったたことに端を発している。
その意趣返しでアメリカが因縁つけてトヨタを叩きまくったということである。
そのとき(日本の)民主党もアメリカに文句を言うどころか同調してトヨタを叩いていたのは信じられない光景だった。
特に当時の国土交通相の前原が、人気取りのために調子に乗っていたのが印象的だった。
民主党政権は今頃になって日本企業が海外市場の成長を取り込むことを目指す成長戦略を打ち出しているらしいが、このトヨタ問題ではほとんど何もしていなかった。
というかむしろトヨタを貶めることに手を貸していたというべきだろう。


アメリカや南チョンの企業が国の手厚い保護を受けているのに対して日本政府は日本企業に冷淡である。
日本企業の国際競争力を削ぐことに重点を置いているようにしか見えない。

南チョンもそれに便乗して煽りまくった。
米国トヨタへの苦情の多くが在米韓国人によるものだと米国人が告発している事実もある。
トヨタのシェアを奪おうとしている南チョンのある企業の存在がかなり疑わしい。
日本政府は、そういう南チョンと連携していたと考えた方がいいかもしれない。
当然、トヨタの側に立った対応などするはずがない。

今回の疑いが晴れたのは、あくまでもトヨタの企業努力である。
日本政府は何もしていない。
それだけは間違いない。
このトヨタバッシングの事実をマスゴミは一切報道せず、同調してトヨタ批判を繰り返していた。
この報道を目にして、民主党やマスゴミのバカ共は、どういう反応をするだろう?
すべて都合の悪いことはスルーするだけか?



0.jpg

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

hinomaru


 豊田社長は、ボンボンで、甘かったので、簡単に策略に乗せられ、シェアを奪われた。ってことでしょう。

 はっきりいって、政治でなく、日本人はお人よしってことでしょう。それだけの事です。過去少なくない企業が、アメリカで難癖付けられた。セクハラ事件で倍賞金取られたり、トヨタはだらしのない会社です。世界企業が泣くというものです。

 核心を掴まねば何度でもやられます。
2011.02.10 at 18:19 #- URL [Edit]

りっけん3
hinomaruさん、コメントありがとうございます。

また是非お立ち寄りください。
2011.02.10 at 18:56 #- URL [Edit]

こんばんは。
そもそも、日本の国自体が戦後の総括もせずに只日本が悪かった、過ちを犯したと世界中に頭を下げてきた弱さの上、占領軍政策により骨抜き国家の傀儡とされてきた為に日本の発言も聞きいられずに言われたまま、されたい放題にされた結果、日本が高度成長を遂げても、何時までも独立国家としての威厳を持つこと無く65年経過した結果であると思います。
更に、トヨタだけでなく他の大企業でも同じく物申す事ない弱い姿勢で世界とお付き合いしてきたのと日本で一番との自惚れ、驕りにより危険の察知もなく平和ボケして経営をしてきた結果だとおもいます。
更に、ぼんぼんが社長になって世間も知らずに、世界の
種族性や国柄も判らずに苦労もなくきて修羅場も潜らずして対等に商売なんかできませんよね。
完全に足元を見られた結果と思いますが、民主政権政策の脆弱さが更なる相乗効果となりましたね。
*政治の世界も同時に反省をしないと更なる仕打ちをされるでしょう。 高い勉強代でしたね。
2011.02.10 at 19:32 #UwTTkvcg URL [Edit]

りっけん3
大猫さん、こんばんは

私は支那に進出したバカ企業が大変な目に遭っているのはどうでもいいと思っています。TPPに参加したら、海外にいかざるを得ない企業が増えるでしょうね。
国内の雇用も増えないでしょうし、民主党がやろうとしていることはすべて馬鹿げていますね。
2011.02.10 at 19:46 #- URL [Edit]

りっけんさん
こんばんは。
正にそうですね。シナへシナへと靡いた企業は、こんな言い方はしたくないですが甘いですね。アメリカよりも更に恐ろしい結果が待っているでしょうね。自業自得ですね。
日本の国民が食べれない様になってきているのに、民主政権はTPPなんかに喜んで参加したりしたら、日本の農業や水産関係は壊滅すると思います。シナが裕福になり日本の美味しいお米を買ってくれるなんて阿呆な考えで参加したりしたら大きなリスクとして日本国内に戻ってきます。
左翼政権の国賊政権、阿呆な政治家の集団としか言えません。 悲しいです。悔しいです。
2011.02.10 at 20:07 #UwTTkvcg URL [Edit]

りっけん3
支那が大好きな企業ってあるんですね。
伊藤忠の子会社に行った時に、応接に通されたんですが、壁いっぱいに支那の地図が掲げられてました。当然のように台湾、チベット、東トルキスタンも入った地図でした。
今の支那大使は元伊藤忠でしたね。
こういう売国商人が日本を貶めるんでしょうね。
2011.02.10 at 23:45 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。