スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボケ老人が寝言でカンを擁護!

2011.03.11

民主・渡部氏「在日韓国人は他の外国人と別に考えるべき」擁護 

民主党の渡部恒三最高顧問は11日午前、TBS番組の収録で、菅直人首相の資金管理団体が在日韓国人から計104万円の献金を受けていた問題について「在日韓国人は昔から日本に住んでいた。戦前は同じ国民だった。だから(他の外国人とは)別に考えるべきだ」と述べた。

 政治資金規正法では、外国勢力による国政への影響力行使を防ぐため、外国人から政治献金を受けることを禁じている。渡部氏の発言は、在日韓国人を例外扱いすることで、首相の責任論に発展することをかわす狙いがあるとみられる。(産経新聞 3月11日)

渡部恒三は、民主党の良心であるかのように扱われているが所詮民主党議員である。
このボケ老人は、昼間から寝言を言うぐらいイカレているのだから早く引退したほうがいい。


これは、典型的な後出しジャンケン式理論である。
卑怯な人間の集団である民主党が最も得意とするものである。
前原の献金が発覚したら「政治資金規正法の方がおかしい」と言い、カンの朝鮮人からの献金が暴露されたら、今度は、朝鮮人の献金は適法と認めるべきだと言っているのだから、どんな問題もこういう論法なら言い逃れ出来てしまうことになる。

しかし、カンの違法献金が明るみに出たから、突然こういう発言をしていることが許せない。
そういう主張をしたいのなら国会で改正法案を提出すればいいだろう。
選挙時にはっきりとマニュフェストに掲げてそういうことが国民に受けて入れられるか判断すればいいだろう。
受け入れられるはずがないが。

このボケ老人が言っている寝言は正に事実の真逆である。
日本と遠く離れれば離れるほど、政治的影響は少なくなる。
しかし、南チョン国は、献金を受けた売国議員が南チョンへの優遇措置を取った場合、南チョン人が大量に移動してくる危険性もあるし、現に日本固有の領土を不法に占拠している。
そんな国を特別扱いにするなんてキチ外の意見としか思えない。

国境を隔てている隣の国だからなおさら、影響力を排除しなければならない。
政府が隣の国の影響を受けるとすればこれほど危険なことはない。

そういうことを考えれば、むしろ南チョン国からの献金はより罰則を厳しくしなければならないはずである。
そう、チョンからの献金を受けた奴はすべて、死刑もしくは、無期懲役とするべきだ!




stt11031112220004-p1.jpg
じいさん、あんたかなりボケが激しいから、介護認定してもらえよ!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。