スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「10年以上住めない」カンの暴言は被災者を絶望させた!

2011.04.14

「原発周辺20年住めない」 首相発言として伝わり波紋 全村避難の村長「これが政治家の言葉なのか…」と涙

 「10年住めないのか、20年住めないのか…」

 菅直人首相が13日、官邸で松本健一内閣官房参与と会った際、東京電力福島第1原発の半径30キロ圏の避難・屋内退避区域について、少なくとも10年間は居住が困難との認識を示したとの情報が駆け巡った。

原発被害の深刻さを示す衝撃的な発言だけに、情報は一気に広がった。首相は同日夜、公邸に戻る際、記者団に「私が言ったわけじゃありません」と否定した。

 情報の発信源は松本氏が首相との会談直後に行った記者団への説明。松本氏は「10年住めないのか、20年住めないのかということになってくると、そういう人々を住まわせるようなエコタウンを考えなくてはいけないということを言っていた」と発言。時事通信が首相発言として速報した。 

波紋は全村避難の対象となっている福島県飯舘村にも広がった。住民への説明会の途中で情報に接した菅野典雄村長は「少しでも早く戻れるようにするのが政治家の仕事なのに、これが政治家の言葉なのか。全く悲しくてならない。直ちに抗議する」と涙ながらに訴えた。住民からは「そうだ」との声が上がった。

 このため首相は、松本氏に電話をかけて記者団に情報を否定させた。ただ、松本氏は、長期間にわたって原発周辺が居住困難になる見通しを首相に説明したことは認めた。その上で移住先として内陸部に5~10万人規模のエコタウンを建設する案を示し、首相も賛同したことを明らかにした。(産経新聞 4月13日)


またとんでもない事実が明らかになった。
カンは自分の発言ではないとか、ニュアンスが違ったとか、例によってテキトウな言い訳をして誤魔化そうとしているが、そんなことで済む問題ではない。
カンを絶対許してはならない。


報道後の対応も自分の保身のための言い訳をするだけで、被災者がどう感じるかをまったく考えていないということもよくわかる。
つまり「自分は言っていないから、被災者が絶望したとしても関係ない」と言っているのに等しい。

悪戯を注意された幼稚園児のような言い訳をする人間を国のトップにする日本という国は、今更ながら異常だとしか言いようがない。


政府は、ずっと表向き安全だと言いながら陰ではこんなことを言ってた。
本当に国民の生命など石ころほどにも思っていないのだろう。
こいつらが政権に就いている限り、日本国民は安心することはできない。


この村長は、村民に説明会を実施したが、このカンの無責任発言の所為で罵声を浴びせられたりして苦境に立たされている。
村長も被災者なのに。

罵声を浴びせられるべきはこの人災をわざわざ作り出したカンである。
今すぐにカンは現地に行って、被災者に罵詈雑言を投げつけられてくるべきだ。

自分の発言に責任を持つというのはそういうことじゃないのか?


plc11041320520013-p1.jpg
「10~20年は住めない」-。菅直人首相の発言とされた言葉を聞き、住民説明会で怒りの涙を見せる福島県飯舘村の菅野典雄村長=13日、同村長泥(大山文兄撮影)
徹底的に被災者を痛めつけるカンを引き摺り下ろせ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。