スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那人船長、検察審査会により起訴相当!

2011.04.18

中国人船長「起訴相当」=漁船衝突事件で検察審査会-那覇 

沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、那覇検察審査会は18日、那覇地検が今年1月に起訴猶予処分(不起訴)とした中国人の◆(擔のツクリ)其雄船長(41)について、「起訴相当」とする議決をした。 衝突事件で、船長は昨年9月、公務執行妨害容疑で、石垣海上保安部(同県石垣市)に逮捕されたが、地検は処分保留のまま船長を釈放。船長は中国に帰国した。
 検察審査会法の規定に基づき、那覇地検は起訴相当の議決を受け、改めて捜査するが、船長は既に帰国しており、不起訴にするとみられる。(時事ドットコム 2011/04/18-22:15)


どこかの憂国の士が検察審査会に申し立てをしたのだろう。
日本国民のほとんどが怒っていることだから、起訴相当とする議決がされたのは当然のことだ。
本来であれば、審査員のうち何人が起訴相当ということも伝えるべきだが、聞くまでも無い。
11人全員が起訴相当全会一致での議決は疑うところが無い。


那覇地検が不起訴にした後、もう一回検察審査会で起訴相当となるのは間違いない。
二度の検察審査会の起訴相当の議決を受けて、強制起訴となるのも確実である。
しかし、既に釈放してしまっているために、強制起訴もされて、明らかな犯罪者でも、裁判にかけることも出来ないというのは、どう考えてもおかしい。

その場合、釈放を決定した仙谷を変わりに強制起訴にしてやりたい。
少なくとも日本の政治家の癖に支那のために動くこいつのような人間は、何らかの刑事罰が与えられなければおかしい。

考えてみれば、尖閣事件が、支那の異常性と、その支那のために派なんでもやる仙谷のような政治家の存在を情報弱者にも理解させることになったということは皮肉なものだと思う。
もっと早く国民の多くがこうした事実を理解していれば、こんな奴らが政権運営することもなかったし、つまりは尖閣の問題も発生することはなかったのだから。

国民は、一昨年の衆議院選挙のときよりは少し賢くなったと思われるが、もう二度と失敗は許されない。
民主党の危険性をひたすら拡散するだけだ。

201010301003021c6.jpg
こいつを代わりに起訴にするしかないだろう!支那様のためなら喜んで刑に服するだろ?


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.04.19 at 16:46 # [Edit]

りっけん3
コメントありがとうございます。

調べてみたらFC2の方だけが手に変わらないですね。
先月頃の記事のはできるのでちょっとした嫌がらせかと思います。
しばらく続くようなら別のタグに変えるようにします。
また是非お立ち寄り下さい。
2011.04.19 at 21:50 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。