スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援のフリをして支那がスパイ活動、民主党は容認!

2011.04.19

菅マヌケ震災でも中国優遇…支援の裏で“スパイ”活動も

 昨年9月、沖縄・尖閣沖で起きた中国漁船衝突事件で、那覇検察審査会は18日、公務執行妨害容疑で逮捕され、那覇地検が起訴猶予処分(不起訴)とした中国人船長を起訴相当とする議決を下した。菅直人政権の「中国優遇」ぶりが取り沙汰された事件だが、東日本大震災でも、菅政権の中国“特別扱い”は問題視されている。 

「外交関係のけじめをつけるためにも(起訴相当)を議決した」 
検審は議決書にこう付言した。
菅政権の外交姿勢への批判が感じられるが、菅首相に反省はなさそう。震災への支援に感謝するため、中国にだけ首相特使を派遣したのだ。 

特使を務めたのは笹森清内閣特別顧問。今月10日に訪中し、11日に北京で戴秉国国務委員と会談。胡錦濤国家主席あての首相親書を渡すとともに、中国政府の支援に謝意を伝えたという。12日には、菅首相自身が中国の温家宝首相に電話し、感謝を述べている。

 今回の震災で、中国は3月13日にレスキュー隊員15人を派遣。ガソリン1万トンやディーゼル油、テント、毛布などの支援物資を提供してくれた。日本人としては素直に感謝したいが、こうした支援をしてくれたのは中国だけではない。

 外務省によると、諸外国・地域・国際機関からの救助チーム・専門家チームの受け入れは23。諸外国などからの物資支援は37にのぼる。特に、同盟国である米国は地震直後に空母「ロナルド・レーガン」などを被災地沿岸に急行。「トモダチ作戦」と名付け、大規模な支援作戦を展開した。菅首相は3月30日、オバマ大統領に電話で感謝を伝え、今月17日に来日したクリントン国務長官にも謝意を述べたが、特使を派遣した記録はない。 

その一方で、菅政権は震災直後、世界各国から緊急救助隊が駆け付けるなか、中国と韓国の救助隊だけを外務副大臣が空港で出迎えている。
自民党閣僚経験者は「民主党の『親中疎米』という本音がよく分かる」とあきれる。

 ただ、中国は支援の裏で、したたかな動きも見せている。公安関係者は次のように語る。

 「中国のレスキュー隊員15人は、岩手県大船渡市で活動した。救援活動も一生懸命やってくれたようだが、被災地の様子や自衛隊の活動状況などをカメラで数多く撮影していた。警察関係者の中には『まるで諜報活動だ』ともらす者もいた」

 自衛隊が10万人規模の部隊を被災地に投入していた3月26日午後には、南西諸島西側の東シナ海の日中中間線付近で、中国の海洋調査船搭載ヘリコプター「Z9」が、警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦「いそゆき」に急接近するという“事件”もあった。

 外交安保が専門の日本政策研究センターの濱口和久研究員は「世界各国の支援を受けながら、1カ国にだけ首相特使を送るのはおかしい。特に、米国は内心おもしろくないはず。民主党外交には『中国に接近して米国を牽制する』というフシがある。中国はそんな民主党を試すように挑発している。民主党のこうした外交姿勢には、国民も不信感を持つのではないか」と語っている。(zakzak 4月19日)


こんなことは、支那のレスキュー隊員を受け入れたときにわかっていたことだろう。
震災に乗じて、民主党の国賊共は、日本の防衛機密その他何でも盗めるものを盗もうとしている支那、朝鮮に好き勝手にさせる権限を与えたのだから。


泥棒国家が、他国が困窮しているときに支援の手を差し伸べるフリをしてきた。
カン政権は、バカだけどそのことを見抜けなかったわけではない。
すべてわかりきった上で支那、朝鮮だけを特別扱いすることを世界中に発信していると思われる。
鳩山がアメリカに対してしでかした数々の粗相だけでは飽き足らず、これでもかこれでもかとアメリカの反感を買おうとしている。

アメリカの寛容さも限界に来ているのではないだろうか?

支那、朝鮮人が日本に入り込むのは、今や犯罪目的だと思うのは、当然のことだ。
危機管理のプロなら誰でもそういうだろう。

だから奴らは病原菌、ウィルスと同様に扱わなければならない。
犯罪集団や病原菌は水際で阻止することが肝心だ。

支那、朝鮮人は受け入れの段階ですべてシャットアウトするしかない。
それにもかかわらずそうしない民主政権は、この国を特アのキチ外に売り飛ばそうとしているとしか解釈できない。


民主党に対して国民が不信感を持っていることは確かだろう。
しかし、もはや不信のレベルでは、足りない。
敵と認識して撃退する姿勢に転じなければならない。
一分一秒でも早く!


553670.jpg
民主党議員の多くは、朝鮮人が成りすましているだけである。朝鮮には親しみを支那には忠誠を示すのはそういう理由によるものだ。

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。