スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉢呂の首だけじゃ足りないだろう!

2011.09.11

自民・大島副総裁「もはや民主に任せられない」 
自民党の大島理森副総裁は10日夜、鉢呂吉雄経済産業相が一連の失言の責任を取り、辞任したことについて「被災者の心を傷つけた発言で当然のことだ。『非適材非適所』の人事で、首相の任命責任が大きく問われる」と批判した。産経新聞の取材に答えた。

 大島氏は「日本が重大な問題を抱えているときに、この内閣では乗り切れない陣容であることが明らかになった。菅直人内閣と同様、国民の信頼を大きく損ねた。もはや民主党政治にこの日本を任せられない」と強調した。
(9月10日)

自民・山本政審会長「復興に真剣でないから」 
自民党の山本一太参院政審会長は10日夜、鉢呂吉雄経済産業相が一連の失言の責任を取って辞任したのは当然としたうえで「これほど無神経な発言が出るのは(東日本大震災の)復興に真剣ではないからだ。真剣ならばこんな発言は出てこない」と厳しく批判した。産経新聞の取材に答えた。

 政権発足から9日間での閣僚辞任となったことで野田佳彦首相の任命責任は重いとも指摘、「野田政権には大きな打撃になった。崖っぷちだ。首相の任命責任を厳しく追及する」と述べた。(9月10日)

みんなの党・渡辺代表「次元の低すぎる話だ」 
みんなの党の渡辺喜美代表は10日夜、鉢呂吉雄経済産業相が一連の失言の責任を取り、辞任したことについて「当然だ。閣僚だというより人としての感受性を疑う話だ。民主党政権になって、この手の次元の低すぎる話があまりにも多すぎる」となどと批判するコメントを出した。

 コメントではさらに「自民党時代の先祖返りで、派閥均衡・論功行賞の『不適材不適所』の内閣をつくったからこのような事態を招いた」とも指摘。「総理の任命責任は重大だ。もう衆院解散・総選挙で信を問うしか選択肢はない」と強調、早期の衆院解散を求めた。(9月10日)

鉢呂とかいう真性のキチ外の辞任に関して、正に正論の嵐である。
こういうキチ外を大臣に任命した野田には、「任命責任」があるし、「民主党に日本を任せられない」し、民主党が「復興に真剣でない」のも紛れもない事実であるし、閣僚としてと言うより「人間としてどうか」と思われるし、大臣の辞任としては、「次元が低すぎる」のも事実である。

民主党政権になってから、メディアの報道から消え去ったものがいくつかあるが、「任命責任」という言葉もその一つである。

自民党政権時代は、大臣が顔に絆創膏を貼っただけで大騒ぎして、首相の任命責任に言及していたのに、民主党政権になってからは、震災復興担当相が「書いたらその社は終わりだから」と信じられない脅迫まがいの報道管制をしたり、外務大臣が在日朝鮮人から献金を受けていたり、防衛大臣が自衛隊を私兵扱いしたり、法務大臣が、国会答弁について嘲笑するようなマネをしたりしても一切、「任命責任」が問われることはなかった。

民主政権における総理大臣は、どれだけ楽な立場なのだろうか?
というか、その首相本人に大きな問題があったのだから、任命責任どころではないのだが。

今回の鉢呂の暴言は、どう考えても任命責任に発展するべき事案である。
信じられないキチ外発言で日本を貶め、被災者の方々を冒涜したこいつの罪は、こいつのクビ一つでは足りない。
野田の豚野郎のクビも取って、落とし前をつけさせてやらなければならない。
国民は今こそ、大声で叫ぶときだ。
民主党打倒を!



4xfrf.jpg
誰か、こいつら揃って東京湾に沈めてくれよ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。