FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野剛志先生の魂の咆哮に痺れた!、一方田村淳は人間のクズだ!

2011.10.28


人気お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが、フジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」の出演者に、不快感をあらわにしている。2011年10月27日の同番組で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)についての放映されたのだが、彼は出演した反対派のコメンテーターの態度が許せなかったようだ。

田村さんは「コメンテーターの態度が目に余る」とTwitter上で発言している。しかしながら、インターネットユーザーからは「嫌なら見なければいい」との意見が相次いでいる。

田村さんが不快に感じたコメンテーターとは、京都大学准教授中野剛志氏のことのようだ。この日の放送でTPPについての議論が行われ、中野氏は生放送中にも関わらず、声を荒げる一幕があった。このことについて、ネット上では「放送事故寸前」との見方さえある。またネットユーザーからは「ひどい、目が点になった」や「気分悪くてテレビ切った」との声がある。

しかし一方では「話はわかりやすくて面白かった」、「せっかく正論言ってるのに」と、中野氏に興味を示しているユーザーも少なくないようだ。

田村さんも同番組を見ていたようで、Twitterで次のように発言している。
 
「フジテレビとくダネ! に出ているTPP反対を訴えているコメンテーターの態度が目に余る……せっかくテレビに出て多くの人に自分の意見が言えるのに何!? この態!?(態度) 知識がある人がこんな伝え方をするから若い人が興味もてないんだと思う。知識を持っていて伝える能力が無い人は残念で仕方ない……気分が悪い」(田村淳さんのTwitterより引用)
 
これに対して、ネットユーザーからは次のようなコメントを寄せているのだ。
 
「そうですね、まるであなたのようですね」

「イヤナラミルナーw」
「私も同じこと思ってツイってました」
「君の家……、TVのチャンネル1個しかないの? あと電源切れないテレビなの?」
「じゃあ見ないと言う選択で良くない?」

「僕は逆に、態度悪いけど面白いこと言ってるな、と思って見てました」
「僕も最初に出た瞬間から「えー! なんかいきなりめっちゃキレてるやん!!」って思いました」
「私もそう思いました。せっかくいいこと言ってるだろうに、ケンカ腰で……」
「嫌なら見なくていいですよ」「中野剛志さんは普段はとても優しくお茶目な人ですよ」
「嫌ならテレビを観なければいいとビートたけしは以前言ってましたよ」
「嫌なら見るな」

「こういう人もいたほうがいい」
「同意。びっくりした」
「もっと冷静に話をして欲しかった」
「テレビに出慣れてないから許してあげて~」
「嫌なら見るな」
「嫌なら見るなつっといてこれか、笑える」
 

……など。賛同する意見もあるのだが、どちらかと言えば「嫌なら見なければいい」といった意見の方が目立つようである。

実は田村さんは、2011年夏にフジテレビの抗議デモが起きた前後にで次のように発言していた。
 
「じゃあ見ないと言う選択で良くない? 何でも否定するのがカッコ良いスタンスは俺には理解できない」
「君の家……、TVのチャンネル1個しかないの? あと電源切れないテレビなの?」(田村淳さんのTwitterより引用)
 
として、このとき自らが「嫌ならば見なければいい」という提案をしていたようだ。

今回の不快感をあらわにした発言によって、以前自らが投げた言葉が返ってきたような状態になってしまっているのだ。TPP問題もさることながら、田村さんの発言についてもしばらく議論が続きそうだ。

【参照元:Twitter @atsushilonboo】


私はフジテレビは久しく見ていないので、こういう騒動がなければ、このことを知らなかったと思う。
中野先生がTPPへの関心の薄い人間へのアピールのためにやったことであれば大変大きな意義があっただろう。大成功だと思う。

動画を見て私は魂が震えた。
正論の前には、捏造したデータもマスゴミによる賛成大合唱も全く歯が立たない。小倉も反論できないので黙っているし、笠井という奴は先生に鼻で笑われている。
仕舞いには、中野先生には発言させずにフジテレビの解説委員だかにばかり発言させていた。
戦々恐々としているのが明白で非常に溜飲の下がる思いだった。
フジテレビは、中野先生を出演させたことを後悔しているのではないだろうか?

今日は賛成派を出演させて、小倉が交渉の席につくべきと結論したというが、わかる人には
そんな姑息なことは通用しないのではないかと思う。
賛成派の御用学者を中野先生と同席させないのも不自然極まりないわけだし。

この動画が拡散されることを望む。

一方、田村淳という恥ずかしい奴は最低である。
これほどわかりやすいブーメランは中々ない。
私は実はこいつのことを愛国者のように勘違いしていたが、芸能人なんてイザとなれば自分の主義と相容れない主張をいくらでもする人間ばかりなのだろう。
こういう人間を信用してはいけないと実感した。
只、多少なりとも保守とか愛国者と見做されている人間を使って反論させるぐらいフジテレビは追い詰められていたと考えることもできるのかもしれない。
元々、一般人の反感を買っているような人間を使ったところで意味がないと思うからだ。

こいつはこういう一般人からの正論に反論しないのだろうか?
反論などしようがないから、そうするしかないが、その姿勢はフジテレビ、花王のそれにそっくりである。
なでしこ優勝のときに炎上したレンポウもそうだ。
自分のデタラメな主張のみ一方的にして、都合の悪いことは無視する。
それが反日勢力の共通点という証左なのだろう。


.











20111028080316cd3.jpg


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

中野いいぞ。頑張れ!
2011.10.29 at 09:55 #- URL [Edit]

りっけん3
ニーチェさん、こんにちは。

中野先生には頑張ってもらいたいですね。
我々も応援していかなければなりませんね。
2011.10.30 at 11:07 #- URL [Edit]

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。